PR

12月に物件探しをするメリット・デメリットを解説!引っ越し費用が安い時期

12月の物件探し

年末ムードがただよう12月。新しい部屋を決めたい方の中には、「年内中に決めた方がいいのか」「年明けまで待った方がいいのか」と悩んでいる方もいるのではないでしょうか。

12月は物件の供給が増えてくる時期。4月からの進学・就職先が早めに決まった方も、12月は一足早い部屋探しにもってこいの時期と言えます。今回は12月に部屋を探すメリット・デメリットを解説します。

12月に引っ越すことのメリット

1好条件の物件に一足早く出会える

12月は空き物件の情報が増えてくる時期です。閑散期では良い物件に巡り会えなかった方も、12月には希望の条件に合った部屋が見つかる可能性が高くなるでしょう。

年が明けた1~3月は、4月の就職・進学に備えて部屋を探す人が本格的に動き始める時期。一方、時期をずらして年明け前から部屋を探し始める人もいるため、12月になると退去予定の物件情報が不動産会社へ続々と集まってきます

そのため、12月中に不動産会社を訪れれば一足早く好条件の物件情報と出会える可能性があります。

また、1~3月の繁忙期に向けて建築を進めていた新築物件の情報が手に入りやすいのも12月。設備の整った新築物件を狙いたい方も、12月中にお部屋を探してみてください。

2繁忙期よりもゆっくり部屋探しできる

12月は繁忙期に入る前のため、比較的ゆっくり物件を検討できます。

1~3月の繁忙期に入ってしまうと、1日迷っていただけで気に入った部屋が他の人に取られてしまう可能性もあるでしょう。一方、12月はまだ本格的に部屋を探す人が少ないため、迷った部屋があっても比較的ゆっくり検討できます。

繁忙期ならすぐに埋まってしまうような好条件の物件も、ライバルが少ない12月中なら狙いやすいと言えるでしょう。

これから長い間住む大事な部屋を、じっくり見比べて選んでください。

3不動産会社を訪れるスケジュールを立てやすい

自分の都合にあわせて、内見などのスケジュールを立てやすいのもメリットです。

年が明けると部屋を探す人が増えるため、不動産会社のスタッフには予約をしないと対応してもらえない場合もあるでしょう。土日や祝日などは予約がいっぱいで、なかなか自分の思うように部屋探しが進まない可能性も考えられます。

一方、年末年始はゆっくり過ごしたいと考える人が多く、12月中は不動産会社を訪れる人も少ないです。ふらっと立ち寄るだけでも、親身に話を聞いてもらえる可能性が高くなるでしょう。不動産会社側の空きスケジュールに左右されない分、自分の都合にあわせて部屋を探しやすいのがメリットです。

不動産会社の公式サイトや不動産ポータルサイトでも物件情報をチェックできますが、良い条件の部屋はインターネット上に掲載されていない場合も。ぜひ不動産会社を訪れて、より自分の理想に近い部屋を見つけてください

4家賃交渉をしやすい

12月は家賃交渉に応じやすい時期とも言えます。

空き室で家賃収入が得られないのは、大家さんにとって非常に困るもの。なんとか年内中に空き室を埋めたいと考える大家さんも多く、入居希望者が現れた場合は多少の条件つきでも応じてもらえる可能性が高くなります。

家賃を下げるのは難しくても、一定期間の家賃を無料とする「フリーレント」に応じてもらえる場合もあります。「いい部屋が見つかったけれど家賃がネック」という場合は、不動産会社に家賃交渉やフリーレント適用を相談してみましょう。ただし、「築浅」「駅から近い」など人気の物件は断られる可能性もあるため注意してください。

また家賃は手取りから逆算して考えることが大事です。一般的に家賃の上限は管理費込みで手取りの30%以下が目安と言われています。

例えば、手取り金額が月25万円だった場合、家賃の上限目安は7万5千円以下になります。

手取りから見る家賃の例
手取り額賃料の目安手取り額賃料の目安
15万4.5万25万7.5万
16万4.8万26万7.8万
17万 5.1万 27万8.1万
18万5.4万 28万8.4万
19万5.7万29万8.7万
20万6.0万30万9.0万
21万6.3万31万9.3万
22万6.6万32万 9.6万
23万6.9万33万9.9万
24万 7.2万34万10.2万

実際、入居審査の際は「家賃を継続して払える人物か」を見ているため、収入と見合わない家賃の物件を希望すると審査に通らない可能性が高いため注意が必要です。

【豆知識】お得に部屋を借りるコツ2選

部屋を借りる際、「家賃1ヶ月+税」の仲介手数料を不動産会社にお礼として支払います。しかし不動産会社の中には半額や無料でもOKなところもあります。どうせ借りるなら仲介手数料が安い不動産会社がお得です。

【1】大手不動産なら直営店のエイブル
エイブル大手不動産屋だと「エイブル」が仲介手数料が半額です。「大東建託」や「アパマン」は家賃1ヶ月分とられるので、来店するなら半額になる「エイブル」がお得です。ただし半額になるのは直営店のみ。エイブルのフランチャイズ店は半額ではないので要注意。エイブルの直営店は「エイブル〇〇店」、フランチャイズ店舗は「エイブルネットワーク〇〇店」という名前で見分けることができます。
【2】ネットで探すならイエプラ
店舗に行くのが面倒な人は「イエプラ」が便利です。LINEで条件を入力すると不動産屋共有のデータベース(レインズやATBB)から物件を紹介してくれます。仲介手数料(家賃の1ヶ月分)も無料なのでエイブルよりもお得です。ただし対応エリアが東京都・神奈川県・埼玉県・千葉県・大阪府・兵庫県・京都府に限られています。地方の物件を探している人には不向きです。
公式サイトチャット不動産のイエプラ

5引っ越しのスケジュールを立てやすい

12月は自分の希望にあわせた引越しスケジュールを立てやすいです。

荷造りから荷解きまで時間のかかる引っ越しは、時間をしっかり確保できる休日を狙って行う人がほとんど。そのため、一般的に企業が休みとなる土日や祝日は、通常なら引っ越し業者のスケジュールがあっという間に埋まってしまいます。

一方、引っ越し需要の少ない12月は業者も空いている場合が多く、土日など人気の時間帯も都合がつきやすいです。自分のスケジュールにあわせて、ゆっくり引越し作業ができるでしょう。

また、多くの企業は12月後半に入ると年末年始休暇に入ります。休みに入る前に引越しを済ませておけば、休暇中にゆっくり荷解きや片づけができるのもポイントです。

6引っ越し費用が安い

最後に、12月は引っ越し費用が安く済むのもメリットです。

引っ越し需要が少ない分、引っ越し業者は価格を下げて依頼を待ちます。年が明けると、引っ越し業者は一転繁忙期に。需要が増えるのに伴い引っ越し費用も高くなるため、12月はリーズナブルに引っ越しできるラストチャンスと言えます。

新居の家具や電化製品など、引っ越しはなにかとお金がかかるもの。引っ越し費用を抑えられるのは大きなポイントです。お得に引っ越ししたい方は、ぜひ12月中の引っ越しを検討してみてください。

【豆知識】安い引っ越し業者を探す方法

引越し業者によっては数万円も価格が違うことも珍しくありません。1番安い引っ越し業者をみつけるためにも複数の引っ越し業者に見積もり依頼を出すようにしましょう。

取り扱っている引っ越し業者がダントツで多い見積もりサイトは引っ越し侍です。全国332社と多く、安い業者が見つかります。また一人暮らしで近場に引っ越すなら赤帽がダントツで安くなります。

数多くから一番安い業者をみつけたい
引越し侍取り扱っている引っ越し業者がダントツで多い見積もりサイト。全国332社と多く、安い業者が見つけやすい。安さ重視なら電話・メールでの相談、サクッと金額を比較したい人はネットで料金比較が便利。
公式サイト引越し侍
一人暮らしで近場に引っ越す人向け
LIFULL引っ越し一人暮らしで近場に引っ越すなら赤帽がおすすめ。引っ越し先が20km以内、作業が2時間以内に終わる量あれば料金の目安は1万3千円と破格の安さです。赤帽の見積もりは「LIFULL引越し」でのみ可能です。ただ距離や荷物が多いほど料金があがっていくので家族や20km以上遠くに引っ越す人には不向きです。
公式サイト【LIFULL引越し】


12月に引っ越すことのデメリット

1仕事の繁忙期と重なってしまう

働いている人の中には、12月の引っ越しは作業がスムーズに進みづらい可能性があります。

12月は繁忙期を迎える企業も多く、仕事とのスケジュール調整に注意が必要。いざ引越しの日が決まっても、残業が続けば引っ越し準備が予定通り進まなくなってしまう危険があります。

当日慌ただしい引越しにならないよう、仕事の様子を見ながら無理のないスケジュールで動きましょう。

2不動産会社が休暇に入る

12月下旬になると、不動産会社も年末年始休暇に入ってしまいます。そのため、入居に関する手続きを急いで済ませなければならない可能性があります。

早いところでは、12月25日のクリスマス頃から休暇に入る不動産会社も。「気になる部屋があったけれど内見できなかった」「年内に出すべき契約書類を提出しそびれた」など失敗のないよう、部屋を探す際は不動産会社の休みがいつからか事前に確認しておきましょう。

3内見ができない可能性がある

12月中に良い物件が見つかっても、物件によっては内見ができない可能性があるため注意しましょう。

12月は1月以降に退去予定の物件情報が入ってくる時期です。ただし、12月時点では入居中で内部を見られない可能性が高く、入居希望者にとっては決断しづらいと言えます。

契約後に中に入ったら「思っていたイメージと違った」となってしまうと、せっかくの部屋探しも台無しに。入居中で内見できない場合は、同じ物件の他の部屋を見させてもらうなど、部屋のイメージがつくように不動産会社に頼んでみましょう。

4寒さで引っ越し作業がスムーズに進みづらい

徐々に寒さが増してくる12月は、引越し作業がスムーズに進まない可能性もあります。

東京の12月の平均気温は約7.7度。真冬のような寒さの日は体を動かしづらく、引越し作業を億劫に感じてしまう方もいるかもしれません。

引越し作業時は体温調節のしやすい服装にするほか、上着やカイロを手元に置いておくなどすぐに準備できるようにしましょう。新しい部屋に移動した後は、暖房器具を取り出しやすいようにしておくなど梱包に気をつけるのもコツです。

12月の物件探しまとめ

12月に部屋を探すメリット・デメリットを解説しました。

12月は物件の供給が増え始める時期で、一足早く好条件の部屋に出会いやすいメリットがあります。一方、年末年始休暇を控えて慌ただしいスケジュールになってしまったり、寒さで作業がしづらかったりするのがデメリットと言えるでしょう。

メリット・デメリットを踏まえ、自分の理想の物件探しを実現してくださいね。

物件探しの時期一覧

物件探しの時期一覧
1月5月9月
2月6月10月
3月7月11月
4月8月12月
人気記事部屋探しのおすすめの時期は?

【豆知識】ネットで探せない優良物件を探すコツ

一人暮らし

理想に近いお部屋を見つけるなら情報量が多い不動産屋にお部屋を紹介してもらいましょう。

店舗に行くのが面倒な人はイエプラが便利です。LINEで条件を入力すると不動産屋だけが見れるデータベース(レインズ)からお部屋を探してくれます。

スーモやHOME’Sにはない未公開物件も紹介してくれるのがポイント。

仲介手数料(家賃の1ヶ月分)が無料なので、初期費用を抑えたい人にもおすすめです。

総合評価
イエプラロゴ
特徴すべての不動産会社が登録している情報共有システム(レインズやATBB)から物件を探してくれるので情報量が多い。SUUMOやHOMESなど他のサイトに載っている物件仲介手数料を無料にしてくれるので、初期費用を抑えたい人におすすめ。
対応エリア東京都・神奈川県・埼玉県・千葉県・大阪府・兵庫県・京都府
仲介手数料無料
物件件数500万件
URL公式サイトhttps://ieagent.jp/

※レインズやATBBとは、国土交通大臣から指定を受けた、不動産流通機構が運営している情報共有システムのこと。全国の不動産業者が加入している。宅建業の届出をしている不動産会社しか利用できず一般公開はされていない。

  
  • この記事を書いた人
記事を書いた人

ゆうと

経歴:大手IT企業でウェブデザインを学び職種転換を図るため退職。現在は不動産関係のメディア運営に従事。街の住みやすさや治安を現地調査するがモットーです。当サイトは「dayday.」や「ヒルナンデス」などテレビでも取り上げられています。

 

今日最も読まれてる記事

未公開物件の探し方 1

不動産会社を訪れたらネットに載っていないお部屋を紹介され、不安になった経験はないでしょうか?また、お部屋を探す際に「未公開物件も多数あります」という不動産会社の紹介文を見たことがある方もいるかもしれま ...

ロフト付き物件がやめとけと言われる理由6選! 2

ワンルームや1Kによくある「ロフト付き物件」。ロフトは寝室や荷物置き場としても利用できるため魅力を感じる人も多いのではないでしょうか? しかしランサーズで住み心地のアンケートをとってみたところ「ロフト ...

スーモのおとり物件 3

スーモ(SUUMO)にはなぜ「おとり物件」が多く掲載されているの?見分け方はあるの?という疑問を解決していきます。 スーモを使ってこれから賃貸物件を探そうとしている人は、ぜひ参考にしてみてください! ...

東京在住が選んだ住みたい街ランキングBEST10! 4

東京は日本の首都であり、世界的に見ても有名な大都市の一つです。エンターテイメント、食事、ショッピングなどが楽しめますが、そのなかでも、どこが人気なのか500人以上にアンケートをとり集計しました。東京の ...

住みたくない街3位は蒲田 5

東京在住の男女、500名以上に「東京で住みたくない街はどこですか?」という独自のアンケートを行いました。 調査概要 実施日 2023年1~12月 対象 東京都在住 年齢 18~60代 回答者数 522 ...

-部屋探しのコツまとめ