header
sumaho_haikei

部屋探しの体験談まとめ

女性の一人暮らしの怖い体験談まとめ・物件選びの注意点と防犯対策

怖い体験談

女性の一人暮らし。憧れもある一方で少なかれず不安を覚える方も多いのではないでしょうか?実際選んだ物件や周辺環境によっては怖い体験をすることも少なくありません。普通の人だと思っていた隣人が夜中に奇声をあげたり、夜道で酔っ払いに絡まれたり…。

今回、そんな女性の一人暮らしで実際に起った怖い体験談をまとめました。怖い事件やトラブルに巻き込まれないための対策方法も紹介しますので部屋選びの参考にしてください。

部屋の玄関で起こった怖い体験談

玄関前

ドアをガチャガチャされた

深夜2時前に玄関のチャイムが鳴り、そっとカメラのモニターを覗くと50~60代くらいの見知らぬおじさんが立っていました。怖いので無視していたら、ドアをガチャガチャしたり、チャイムを拳で叩くように何度も押し、奇声をあげながら玄関先で水のようなものをばしゃばしゃとこぼし始めました。身の危険を感じて警察に通報。すぐに管轄署の方が来てくれましたがもうおじさんは立ち去った後で、録画した動画を見てもらったところ過去にも不審者として同様の行動をしていたと言われました。いつもしっかり施錠していますがそれからは寝る前に必ず鍵の確認をするようにしています。

郵便ポストの隙間から覗かれた

郵便ポストの隙間から覗かれていた事がありました。扉にポストが付いていて受け皿がないタイプだったので、直接外側からポストに手を入れて家の中を覗かれていて、とても怖い体験でした。その後もポストに対する対策はしましたが、アパートが一番奥の位置だったにも関わらず、夜になると家の前まで足音が聞こえた時はとても怖かったです。それ以上の被害はありませんでしたが、そのアパートの作りや構造を狙ってやっていた常習犯だったようです。

【スポンサーリンク】

 

自分の部屋の前に来られないようにするには?

オートロックの物件を選ぶ

女性の一人暮らしでもっとも重要なのが建物のセキュリティ対策です。安全な一人暮らしをするためにも、オートロックなどセキュリティがしっかりしているか確認することが防犯対策につながります。

オートロックとは共通の玄関に鍵がかかっているタイプの物件です。オートロックを開錠するためには暗証番号や専用のカギが必要となり、マンションの住人以外は簡単に入ってこれません。

オートロック

オートロック

来客があった際にも自分の部屋からモニター越しで相手を確認できます。知り合いの場合のみ開錠できるので、知らない人が自分の部屋の前までくることはありません。

不法侵入の怖い体験談

不法侵入

敷地内に男性が立っていた

空き部屋が1階しかなく、やむを得ずアパートの1階に引っ越しました。住んで数ヶ月は問題なかったのですが、ある日ふと窓に目をやると、敷地内に見知らぬ男性が立っており目が合いました。相手は私を見た瞬間逃げてしまいましたが、怖くて警察にすぐに通報。しかし相手の特徴も分からずそのままに…。怖くなってすぐに3階以上の部屋を探して引っ越しました。

隣に空き巣が入った

私が大学生の時、駅から徒歩5分くらいの10世帯くらいしか入っていない小さいマンションに下宿して一人暮らしをしていました。そこは近くに大学や短大が多数あり、また、そのマンション自体は女性専用になっていたこともあって、大学生になって初めての一人暮らしでしたが親も多少は安心して引っ越しすることを快諾してくれていました。しかし、ある日の早朝、ドアをノックされて目を覚まし、出てみると警察の制服を着た人が3人。驚いて何も考えずにドアを開けて応対すると、私のすぐ右隣の部屋に空き巣が入ったのでそちらの部屋は大丈夫か確認しに来たとのこと。どうやら右隣の部屋の女の人はちょうど実家に帰っていたとかで家を空けている間の深夜にベランダの窓を割られて泥棒に入られていたのを、朝に帰宅して気づいたとのこと。2階の部屋でしたが、1階のエアコン室外機に登れば簡単に2階のベランダに侵入できるようになっているし、また、ベランダの手すりを伝って簡単に同階の両隣の部屋にも侵入できる構造になっていました。警察の方いわく「ベランダの目の前は建物でふさがっているため通りの人の目がないため、こういった場合は両隣の部屋にも侵入するのが普通なんですがね、ここは女性専用マンションで目をつけられていたのかもしれない」とのこと。何も知らずにぐっすり寝ていたのですが、もしかしたらマンション全体への空き巣目的で自分の部屋も覗かれていて、たまたま「この部屋は人が眠っているから侵入はやめよう」と思われていたのかもしれないと考えるとぞっとしましたし、もしその侵入者に空き巣以外の目的があったとしたら・・・と怖くなった出来事でした。

大家さんが部屋に入ってきた

平日の昼間体調を崩し部屋で休んでいたら、大家さんがカギを開け部屋に入ってきました。びっくりして用を聞いたら隣の空き部屋を掃除しようとして間違えたとのこと。本当かどうかわからないし室内に洗濯した下着も干していたので見られたと思うととても不快でした。平日たまたま家にいたから鉢合わせしたけど不在中にこっそり入ってきてるかもしれないと怖くなり急いで引っ越しました。

   

不法侵入を防ぐには?

1階の物件は避ける

女性が一人暮らしする際1階の物件は要注意。通行人と視線の高さが同じなので、カーテンを開けるとお部屋の中が外から丸見えになることも。見られるのを避けるため常にカーテンを閉めなければなりませんし、洗濯物を外に干すとすぐに女性とバレてしまいます。

外に干すと下着泥棒の被害に合うリスクが高く、また玄関や窓が地面に面しているので不審者が侵入・逃亡されやすいというデメリットがあります。1階は2階以上と比べ家賃が数千円安くなることもありますが、安全面を考えると女性の一人暮らしであれば1階は避けた方がよいです。

目隠しタイプのベランダを避ける

 侵入口でもっとも多いのは「窓」です。とくにマンションやアパートなどの住人の出入りが多い集合住宅は人目を避けるためベランダ側の窓から侵入することがほとんど。侵入者は犯行を目撃されたくないので、人通りが少なく遮蔽物の多い物件を狙う傾向にあります。

目隠しタイプのベランダ

目隠しタイプのベランダ。外から見えづらく侵入しやすい。

ここで重要になるのがベランダの構造です。外から室内の様子が見えにくいベランダは侵入者にとって格好の隠れ場所となります。

侵入者はベランダに侵入したあと、鍵がかかった窓を破るためにはどうしても数分の時間がかかります。

犯行を目撃されないためにも外から丸見えの柵よりも目隠しタイプのベランダを選んで犯行に及ぶことが多いです。警視庁の発表しているデータによると女性を狙った性犯罪の31%はマンションやアパートの室内で起きています。

強制性交等・強制わいせつ・痴漢の場所別発生状況

場所別発生状況

警視庁:都内における性犯罪(強制性交等・強制わいせつ・痴漢)の発生状況(令和元年中)

道路や公園よりも人の目がない屋内のほうが性犯罪に巻きこまれる確率が高いです。こういった犯罪の大多数は突発的犯行ではなく日ごろから入念な下見を行っています。

たとえ部屋が2階以上でも、ベランダ付近に木々があったり隣接する建物と距離が近い物件は隣の建物から飛び移り侵入してくる場合もあるので、内見時に外からベランダの構造をチェックし登ってこれる足場がないか、人のが届かない目隠しタイプのベランダになっていないか必ずチェックしてください。



【豆知識】10月に好条件のお部屋を探すコツ

10月は転勤に伴う退去者が増えるため、空き物件が多く出回ります。

「駅から近い」「設備が整っている」など条件の良い物件も出回るので、優良物件に住みたい人には狙い目の時期です。

ネットに出回らない家賃の安い優良物件に住みたい人はチャット不動産のイエプラ、とにかく格安物件に住みたい人はビレッジハウスがおすすめです。

優良物件を探したい人向け
チャット不動産ロゴ 不動産屋しか見れないレインズ(業者専用の情報共有システム)から物件を紹介してくれます。家賃相場の安い優良物件はネットに掲載する前に入居者が決まることが多いためSUUMOやHOMESには載りません。ネットで探せない物件を探すのに便利です。ネット不動産なのでチャットで気軽に相談できます。治安の良い街も紹介してくれるので女性におすすめ。
公式サイトイエプラ
格安物件を探したい人向け
ビレッジハウス 家賃2万円台からと格安物件を取り扱っており敷金・礼金・手数料・更新料が全て0円です。フリーターや学生、高齢者や外国人、生活保護を受けている人でも入居可能。紹介物件のほとんどは築30~40年以上経過した古い住宅です。東京の物件は少なめ。またワケありの人も簡単に入居できてしまうので治安面から女性よりは男性におすすめ。
公式サイトビレッジハウス


隣人関係の怖い体験談

怖いおにいさん

怖いお兄さんたちがきた

隣の人が闇金にお金を借りていたようで、「◯◯さんお金返してください、早く金返せ!」とセカンドバッグを持った怖い人に玄関の扉をドンドン叩かれていました。うちにも「◯◯さん居留守?いつ帰るか教えてください」と何度もピンポンを押されてめちゃくちゃ怖かったです。そのあと様子を見たら、隣の人の玄関ドアとポストにガムテープがいっぱい貼られて『金返せ!逃げれると思うなよ』とペンキでデカデカと書いてあったのを見ました。怖くなりすぐに引っ越しました。

ぬいぐるみをプレゼントされた

当時、隣に住む挨拶すらしたのことの無い一人暮らしの男性がお裾分けですとうさぎの大きなぬいぐるみをプレゼントされて怖くなりました。菓子とかならまだしも何故かぬいぐるみ。盗聴器など仕掛けられているのでは?と思い、裂いて中身を確認しました。盗聴器は入っていませんでしたが、不気味なので捨てました。が、その後も数回に渡り、全く同じぬいぐるみをプレゼントされてストーカー被害は無いにしろ、不気味だったので引っ越しました。

隣人と勘違いされた

夜中に突然外から男の人たちの怒鳴り声が聞こえて怖いと思っていたらまさかの私の部屋のドアを殴ったり蹴ったり出てこいと怒鳴り散らしていて、怖かったですが身に覚えはなかったので恐る恐るドアを開けたらチェーンが歪むほどの勢いで開けられて顔を見た途端に「勘違いでした」と言われて、目当ての人は隣の人だったらしく、そちらに殴り込みに行きその喧騒の声も駐車場から聞こえてきて警察に連絡しようか迷っていたら他の部屋の方が通報してくれ、すぐに警察が来てくれたのすがしばらくは夜一人は怖かったです。

隣人とのトラブルを回避するには?

条件がゆるゆるの物件が要注意

「子供OK」「楽器の相談可能」「ペット可」「保証人不要」など条件がゆるゆるの物件は、一見魅力的に見えますが実は多くのトラブルが潜んでいる可能性があります。

条件がゆるい分、さまざまなワケありタイプの入居者が集まりやすく、夜中に奇声を発したり、借金を抱えていてしょっちゅう怖いおにいさんが訪問したりなど住んだ後に隣人の異常さに気づくことがあります。

また「学生歓迎」の物件も要注意。初めての一人暮らしで浮き出しあっている大学生たちが多く入学シーズンを終えてしばらくすると、仲良くなった友達を集めて夜中まで大騒ぎをしたり、実家と同じ感覚でテレビや音楽を爆音で聞いたり騒音関係のトラブルが多く起きています。

学生の騒音トラブルを回避するためにも、周辺に大学が多いエリアでの物件探しは慎重に行う必要があります。とくに大学と駅の間にある物件は学生たちのたまり場になりやすいので避けた方が賢明です。

勧誘・訪問関係の怖い体験談

勧誘

部屋に入ってこようとした

アパートに住んでいた際、「布団のクリーニングのおすすめです」との訪問があり、鍵を開けて話を聞いていたところ、「実際に布団を見せて下さい、クリーニングの見積もりをします」と言われました。今は必要がないのでいらないです、と断ったのですが、帰ろうとせずしつこく勧誘し、玄関から部屋の中に入ってこようとしてきたため、隣の部屋に住んでいた彼氏を呼んで何とか帰ってもらいました。このまま部屋の中に入っていたらどんなことになっていたか…と思うと怖かったです。

宗教の勧誘がきた

週末家でくつろいでいたらピンポンとなりインターホンを見ると見知らぬ若い男性が。向かいの道路工事をするのであいさつ回りをしていますとインターホン越しに言われ「そうですか」と切ったのですが、再度ピンポンされ、工事日程のチラシがあるのでお渡ししたいとのこと。口頭でいえばよいのにと思いつつ玄関を開けると、なぜか天気などの世間話をされそのうち「今の日常生活に満足していますか?」など不思議なことを聞いてきました。なんか変だなと思っていたらエホバという宗教の勧誘でした。興味ないですと強く言いましたが、皆さん最初はそう仰いますとなかなか帰ってくれず、しんどかったし怖かったです。

勧誘や訪問販売を回避するには?

知らない相手には応答しない

勧誘や訪問販売がきたときに大切なのは、絶対に玄関の扉を開けないこと。彼らはいきなり自分の目的を伝えてはきません。

まずは「簡単なアンケートにご協力ください」や「近々工事をするので挨拶まわりをしています」など、少しなら話を聞いてもいいかなと思わせ、なんとか玄関を開けさせるよう仕向けてきます。

彼らはトークの百戦錬磨です。1度会話を続けてしまうと、いつの間にか相手のペースに飲まれることが多いので、必ずテレビモニターで顔を確認し、心当たりのない人物であれば、そのまま応答せず放置するのがベストです。

はっきりいらないと断る

宅配業者やUderEatsと勘違いし、うっかり玄関の扉を開け、訪問販売のセールスマンが立っていた場合は、はっきりと断ることが大切です。中途半端に、「検討します」「今は忙しいのでまた今度で」と伝えると強引に営業すればいけるかもとカモにされる可能性もあります。「いらない」「必要ない」としっかり宣言することが重要です。

【スポンサーリンク】

 

まとめ:物件や街選びは安易に決めない

実際にあった女性の一人暮らしで怖かった体験談を紹介しました。事件やトラブルに巻き込まれないためにも物件や周辺環境はとても重要です。

女性の一人暮らしに向いてる部屋まとめ

  1. オートロック付きの物件を選ぶ
  2. 1階の物件は避ける
  3. 目隠しタイプのベランダを避ける
  4. 条件がゆるゆるの物件は避ける
  5. テレビモニタ付きの物件を選ぶ

家賃との兼ね合いもあるので、すべての条件を満たした物件に住むのは難しいかもしれません。しかし家賃の安さのみに囚われセキュリティの低い物件に住むと事件やトラブルに巻き込まれるリスクも大幅にあがります。環境に耐えきれず結局何十万もかけて泣く泣く引っ越したということにならないよう物件や住む街は慎重に選びましょう。

不動産屋に行く前に事前に知っておくべきこと

不動産屋で物件を案内してもらうとき

「目の前にコンビニがあって便利ですよ」

「駅から徒歩5分以内で通勤がラクですよ」

など魅力的な面ばかり推してきますが、仮に周辺で軽犯罪が多発していても、ネガティブな情報は教えてくれません。

詐欺や犯罪に巻き込まれないようにするためには、地域の治安をあらかじめチェックすることが非常に大切です。

【豆知識】街の治安を確認する方法

地域の犯罪状況を知る方法は二つあります。

1警視庁の犯罪データをチェックする

一つは警視庁が発表している犯罪発生状況のエクセルデータをチェックすること。

警視庁:区市町村の町丁別、罪種別及び手口別認知件数

エリアごとの犯罪件数を細かく掲載しています。ただしエクセル形式なのでスマホからではなくパソコンからみる必要があります。

2チャット不動産に街の治安状況を聞く

二つ目はチャット不動産に街の治安を聞く方法です。

チャット不動産屋との実際のやりとり▼

イエプラやりとり

深夜0時までチャットができ、気になる街の治安状況を教えてくれます

治安面を考慮した物件も紹介してくれるので引っ越しを考えている人は利用してみてもよいかもしれません。こちらはスマホ・PCともに対応しています。

公式サイトチャット不動産で治安の良い街を教えてもらう

時間も交通費もかけずに優良物件を探す裏技

時間も交通費もかけずに優良物件を探す裏技

一人暮らし

賃貸物件は、基本的に早いもの勝ちになります。

部屋の設備が充実している割に家賃が安かったり、人気エリアだったりと条件の良い物件は、あっという間に埋まります。

時間に余裕があれば不動産屋を巡るのがベストですが、時間に余裕がない人向けに来店せず物件を紹介してもらえるサービスもあります。

代表的なのは『チャット不動産のイエプラ』です。

ちょっとした空き時間にチャットで不動産屋に物件を紹介してもらえ、気に入った物件は1クリックで見学予約ができます。

みんなが入居したい好条件の物件はスピード勝負になるので、手間や交通費をかけずスピーディーに良い部屋を探したい人にはイエプラがおすすめです。

総合評価
イエプラロゴ
特徴 すべての不動産会社が登録している情報共有システム(レインズ)から物件を探してくれるので、情報更新の早さ正確さにおいて、ほかの不動産サイトよりも精度が高い
対応エリア 東京都・神奈川県・埼玉県・千葉県・大阪府・兵庫県・京都府
物件件数 500万件
URL 公式サイトhttps://ieagent.jp/

※レインズとは、国土交通大臣から指定を受けた、不動産流通機構が運営している情報共有システムのこと。全国の不動産業者が加入している。宅建業の届出をしている不動産会社しか利用できず一般公開はされていない。

一部のユーザーから「イエプラはしつこいしあやしい」という意見がありましたのでリアルな口コミをまとめました。

記事の監修:ゆうと



ゆうと

記事の監修:ゆうと
職業:webライター。上京してから住みやすい場所を求め、引っ越しを繰り返したことがこのサイトを作ったきっかけです。不動産屋では書けないことも中立な視点で街の良い点・悪い点をありのまま掲載していきます。当サイトのランキングはテレビ番組でも定期的に取り上げられています。

気になる区・街・駅名を自分で検索したい人はこちら

町名・駅名から探す

気になる区・街・駅名を自分で検索したい人はこちら↓

おすすめ関連記事




あなたにおすすめの関連記事

おとり物件で騙された話1
田舎者の自分がおとり物件で騙された話

東京からはじめて状況した時に、何度も、おとり物件に騙されました。おとり物件の騙し方を解説します。

未公開物件の探し方2
ネットに載らない未公開物件の探し方と注意点!

SUUMOやHOMESなど大手サイトに掲載されない未公開物件の探し方は?メリットとデメリット両方ってホント?

スーモにあるおとり物件の見分け方3
スーモに「おとり物件」が多い理由と釣り物件の見分け方3選!

スーモ(SUUMO)にはなぜ「おとり物件」が多く掲載されているの?見分け方はあるの?という疑問を解決していきます。

選ばない方がいい4
選ばないほうがいい賃貸物件の見分け方26選!ハズレ物件を引かないコツ

希望条件にあった部屋を探すのも大切ですが、避けるべきポイントを押さえて探すとより効率よく物件を絞り込めます。

10月の引っ越し5
10月に物件探しをするメリット・デメリットを解説!新築物件が出回る時期

1年の中でも「穴場」と言われるほど、10月は部屋探しのメリットが多い時期です。一方、10月ならではのデメリットも。

アドセンス広告記事下



【スポンサーリンク】


関連記事一覧

嫌な思いをした体験談まとめ!
不動産屋の態度が悪い!嫌な思いをした体験談まとめ

不動産の営業マンに対して「騙してきそう」「イマイチな物件を押し付けられそう」など ...

部屋探しに疲れた人
部屋探しに疲れた人の体験談と効率的に賃貸物件を探すコツを紹介

目次1 理想の部屋に住むには良い不動産屋に出会えるかで決まる1.1 部屋探しに疲 ...

田舎者の自分がおとり物件に騙された話。おとり物件の手口や見分け方を公開!

目次1 田舎者の自分がおとり物件に騙された話1.1 おとり物件とは1.2 最終的 ...

おとり物件むかつく
おとり物件はむかつく!騙された体験談と通報先まとめ

目次1 おとり物件はむかつく!騙された被害者が教える悪質な手口2 おとり物件を見 ...

一人暮らしの部屋選び失敗談まとめ
一人暮らしの部屋選び失敗談まとめ!後悔しない部屋選びのコツ5選

目次1 後悔しない部屋選びのポイントとは?1.1 間取りの失敗談1.2 部屋設備 ...