header
sumaho_haikei

お部屋探しの時期

10月に物件探しをするメリット・デメリットを解説!新築物件が出回る時期

10月の物件探し

10月に引っ越すことのメリット・デメリットとは?

10月に引っ越しメリット編

すっかり秋の気候になり、過ごしやすくなる10月。年内中の引っ越しを見据え、お部屋探しに動き出す人も多いのではないでしょうか。

1年の中でも「穴場」と言われるほど、10月は部屋探しのメリットが多い時期。一方、10月ならではのデメリットもあるため、しっかり覚えてスムーズなお部屋探しを実現しましょう。

本記事では、10月に引っ越すことのメリット・デメリットを解説します。まずはメリットから!

【スポンサーリンク】

 

1転勤が多く空き物件が多く出回る

1年を通して1番賃貸物件の動きが激しいのは、4月の入学・就職に備えた転居者が多い1~3月。そんな1~3月に次いで、10月は空き物件が多い時期です。

4月からちょうど半年経った10月は、企業にとって新体制を始めるのにぴったりの時期。人事異動が活発に行われ、10月より転勤となった社員は9月中旬~下旬にかけて引っ越し作業を進めます。

転勤に伴う退去により、10月は入居者募集中の物件が増えます。数ある選択肢の中から、自分に合った物件も見つかりやすくなるでしょう。

中には駅から近い物件や、築浅物件など好条件の物件が残っていることも。10月は掘り出し物件を見つけたい方にぴったりの時期です。

22人暮らし用・ファミリー用の空き物件が増える

2人暮らしやファミリー用の物件も、10月は選択肢が多い傾向にあります。

転校による子どもの負担を考えると、ファミリー層は大きな理由がない限り引っ越しをしたくないもの。長く住むのを見据えて部屋探しをするため、ファミリー向けの部屋は通常なかなか空きません

しかし、9~10月にかけては親の転勤に伴って引っ越しをする家族も多く、ファミリー用の物件も動きが出る時期と言えます。

また、秋の過ごしやすい気候から、10月は6月に次いで結婚式を挙げるカップルが多い時期です。新しい部屋に引っ越そうと考える夫婦も増えるため、2人暮らし用の物件も動きが出る傾向にあります。

1人暮らしだけでなく、2人暮らしやファミリー向けの部屋を探す方にとっても、10月は希望に合った部屋が見つかりやすい時期と言えるでしょう。

3新築物件が多い

新築物件が多く出回るのも10月の特徴です。

1~3月になると、春からの新生活に備えて部屋探しをする人が増えます。そんな1~3月の繁忙期に間に合わせるため、新築物件は10月頃を完成とした建設計画を立てることが多いです。新しく綺麗な部屋に住みたい方は、ぜひこの機会に探してみましょう。

ただし、新築物件は家賃初期費用高くなる点に注意が必要。新婚さんの場合は、今後の生活費用をパートナーとよく話し合ったうえで物件を検討しましょう。

また家賃は手取りから逆算して考えることが大事です。一般的に家賃の上限は管理費込みで手取りの30%以下が目安と言われています。

例えば、手取り金額が月25万円だった場合、家賃の上限目安は7万5千円以下になります。

手取りから見る家賃の例

手取り額賃料の目安手取り額賃料の目安
15万円4,5万円25万円7,5万円
16万円4,8万円26万円7,8万円
17万円5,1万円27万円8,1万円
18万円5,4万円28万円8,4万円
19万円5,7万円29万円8,7万円
20万円6,0万円30万円9万円
21万円6,3万円31万円9,3,万円
22万円6,6万円32万円9,6万円
23万円6,9万円33万円9,9万円
24万円7,2万円34万円10,2万円
35万円10,5万円45万円13,5万円
36万円10,8万円46万円13,8万円
37万円11,1万円47万円14,1万円
38万円11,4万円48万円14,4万円
39万円11,7万円49万円14,7万円
40万円12万円50万円15,0万円
41万円12,3万円51万円15,3万円
42万円12,6万円52万円15,6万円
43万円12,9万円53万円15,9万円
44万円13,2万円54万円16,2万円
55万円16,5万円65万円19,5万円
56万円16,8万円66万円19,8万円
57万円17,1万円67万円20,1万円
58万円17,4万円68万円20,4万円
59万円17,7万円69万円20,7万円
60万円18,0万円70万円21,0万円
61万円18,3万円71万円21,3万円
62万円18,6万円72万円21,6万円
63万円18,9万円73万円21,9万円
64万円19,2万円74万円22,2万円
75万円22,5万円85万円25,5万円
76万円22,8万円86万円25,8万円
77万円23,1万円87万円26,1万円
78万円23,4万円88万円26,4万円
79万円23,7万円89万円26,7万円
80万円24万円90万円27万円
81万円24,3万円91万円27,3万円
82万円24,6万円92万円27,6万円
83万円24,9万円93万円27,9万円
84万円25,2万円94万円28,2万円
95万円28,5万円98万円29,4万円
96万円28,8万円99万円29,7万円
97万円29,1万円100万円30万円

実際、入居審査の際は「家賃を継続して払える人物か」を見ているため、収入と見合わない家賃の物件を希望すると審査に通らない可能性が高いため注意が必要です。



【豆知識】10月に好条件のお部屋を探すコツ

10月は転勤に伴う退去者が増えるため、空き物件が多く出回ります。

「駅から近い」「設備が整っている」など条件の良い物件も出回るので、優良物件に住みたい人には狙い目の時期です。

ネットに出回らない家賃の安い優良物件に住みたい人はチャット不動産のイエプラ、とにかく格安物件に住みたい人はビレッジハウスがおすすめです。

優良物件を探したい人向け
チャット不動産ロゴ 不動産屋しか見れないレインズ(業者専用の情報共有システム)から物件を紹介してくれます。家賃相場の安い優良物件はネットに掲載する前に入居者が決まることが多いためSUUMOやHOMESには載りません。ネットで探せない物件を探すのに便利です。ネット不動産なのでチャットで気軽に相談できます。治安の良い街も紹介してくれるので女性におすすめ。
公式サイトイエプラ
格安物件を探したい人向け
ビレッジハウス 家賃2万円台からと格安物件を取り扱っており敷金・礼金・手数料・更新料が全て0円です。フリーターや学生、高齢者や外国人、生活保護を受けている人でも入居可能。紹介物件のほとんどは築30~40年以上経過した古い住宅です。東京の物件は少なめ。またワケありの人も簡単に入居できてしまうので治安面から女性よりは男性におすすめ。
公式サイトビレッジハウス


4不動産屋さんと丁寧にやり取りできる

10月は不動産屋さんと丁寧にやり取りできるのもメリットです。

1年を通して、不動産屋さんを訪れる人が最も多いのが1~3月。次いで、転勤や秋入学の転居者が多い9月は「第2の繁忙期」と呼ばれています。

そんな9月の繁忙期が落ち着いてくるのがちょうど10月。不動産屋さんを訪れる入居希望者も減ってくるため、不動産屋さんのスタッフも手が空いている時間が増えます。スタッフと丁寧に話し合うことで、希望条件に合った部屋を見つけられる確率が高まるでしょう。

5家賃交渉やフリーレントに応じてもらいやすい

第2の繁忙期が落ち着いてくる10月は、入居に関する交渉に応じてもらいやすい時期です。

11月~12月に入ると、賃貸業界は再び閑散期に入ります。10月までに入居者が現れなかった部屋は年越しまで空き室の可能性が高く、このままでは大家さんはしばらく家賃収入を得られません。大家さんは「0よりもいくらか入った方がいい」と考え、入居希望者の条件に応じる可能性が高いです。

家賃を下げるのは難しくても、1~2ヶ月分の家賃を0円にする「フリーレント」に応じてもらえる場合も。お得に引っ越すためにも、入居手続きの際はぜひ相談してみましょう。

6涼しくて引っ越し作業がしやすい

最後に、気候面での引っ越しやすさも10月のポイントです。

8月~9月にかけては暑さが厳しく、重たい荷物を運ぶ引っ越しは大量に汗をかきます。あまりにも暑い日の作業は、熱中症になるリスクもあるでしょう。一方、過ごしやすい気温になる10月は作業がスムーズに進みやすく、引っ越し作業に最適の時期と言えます。

11月~12月に入ると気温もぐっと下がってくるため、外での荷物運びが困難に感じてしまう場合も。気候面でストレスのない引っ越し作業をするなら、10月中に行うのがベストです。

   

10月に引っ越すことのデメリット

10月に引っ越すことのデメリット

続いて10月に引っ越す際のデメリットを紹介します。

1引っ越し費用が高くなる

10月中の引っ越しは、引っ越し費用が高くついてしまう場合があります。

9月から10月にかけては転勤シーズン。一時的に引っ越し需要が高まるため、引っ越し業者も値上げをする場合が多いです。企業によっては10月に秋休みが設けられている場合もあり、秋休みを利用した転居者を見据えて10月中旬頃までは値段が高い傾向にあります。

引越し業者は1つに絞るのではなく、複数社から検討するのがコツ。いくつかの業者に見積もりをとったうえで、予算にあった引っ越し業者を選びましょう。

【豆知識】安い引っ越し業者を探す方法

引越し業者によっては数万円も価格が違うことも珍しくありません。1番安い引っ越し業者をみつけるためにも複数の引っ越し業者に見積もり依頼を出すようにしましょう。

取り扱っている引っ越し業者がダントツで多い見積もりサイトは引っ越し侍です。全国332社と多く、安い業者が見つかります。また一人暮らしで近場に引っ越すなら赤帽がダントツで安くなります。

数多くから一番安い業者をみつけたい
引越し侍 取り扱っている引っ越し業者がダントツで多い見積もりサイト。全国332社と多く、安い業者が見つけやすい。安さ重視なら電話・メールでの相談、サクッと金額を比較したい人はネットで料金比較が便利。
公式サイト引越し侍
一人暮らしで近場に引っ越す人向け
LIFULL引っ越し 一人暮らしで近場に引っ越すなら赤帽がおすすめ。引っ越し先が20km以内、作業が2時間以内に終わる量あれば料金の目安は1万3千円と破格の安さです。赤帽の見積もりは「LIFULL引越し」でのみ可能です。ただ距離や荷物が多いほど料金があがっていくので家族や20km以上遠くに引っ越す人には不向きです。
公式サイトLIFULL引越し


2引っ越し当日、雨や台風にあたる可能性がある

10月は引っ越し当日に雨にあたる可能性が高いです。

地域によるものの、10月初旬は広い範囲で秋雨前線が停滞している時期。9月に引き続き台風も多く、予定した通りに引っ越しが進まない可能性があります。

引っ越しが延期になる場合を加味し、余裕をもって転居のスケジュールを組むのがベスト。加えて、どの程度の雨なら実施できるかを事前に業者に確認しておきましょう。

また、雨の中で作業をする場合は入念な対策が必要。「濡れたら困る家電製品は厚めに梱包する」、「雑巾や雨具を取り出しやすい場所に用意しておく」など、しっかり対策をしたうえで引っ越しに臨みましょう。

3祝日が少なく、スケジュール調整が難しい

10月は祝日が少ないため、社会人はスケジュール調整に注意が必要です。

9月はシルバーウィークがあるものの、10月の祝日は「体育の日」1日のみです。2021年にいたっては、東京オリンピック・パラリンピックの関係で10月の祝日がありません。

平日に働いている方は、引っ越し作業の時間がなかなか取れず慌ただしいスケジュールになってしまう可能性があります。

また、土日に引っ越しが集中してしまい、業者の予約が取れない可能性も。引っ越し日が決まったら、希望のスケジュールで動けるように早い段階で予約をしましょう。

平日に有休がとれるようであれば、比較的業者の都合がつきやすい平日で引っ越し作業を進めるのも手です。

4日が短く、明るいうちに作業できる時間が少ない

最後に、日が短いのも引越しにおけるデメリットです。

冬が近づく10月は、だんだんと明るい時間が少なくなる時期。10月後半になると、関東では17時頃には周りが暗くなってしまいます。周りが暗いと大きな荷物を運ぶ際に危険なため、引っ越しはなるべく昼間のうちに済ませてしまうのがコツです。

誰もが早い時間帯からの引っ越し作業を希望するため、引っ越し業者の日中の予約が早々に埋まってしまう可能性があるのも注意点。新しい部屋が決まったら、なるべく早いうちに引っ越し業者とスケジュールを調整しておきましょう。

【スポンサーリンク】

 

10月の物件探しまとめ

10月の部屋探しのメリット・デメリットを紹介しました。

転居者が落ち着いてくる10月は、好条件のお部屋や新築物件が見つかりやすい「穴場」の時期。夏の暑さも落ち着き、引っ越し作業がしやすいのもポイントです。一方、祝日が少ない点や日照時間が短いデメリットもあるため、不動産屋さんや引っ越し業者とスケジュールをしっかりすり合わせるのが重要です。

不動産屋に行く前に事前に知っておくべきこと

   

【豆知識】治安のよい街に住みたい人向け

不動産屋に行く前に事前に知っておくべきこと

エイブルやアパマンなど大手の不動産屋で物件を案内してもらうとき

「目の前にコンビニがあって便利ですよ」

「駅から徒歩5分以内で通勤がラクですよ」

など魅力的な面ばかり推してきますが、仮に周辺で軽犯罪が多発していても、ネガティブな情報は、まず教えてくれません。

詐欺や犯罪に巻き込まれないようにするためには、住みたい街の治安をあらかじめチェックすることが非常に大切です。

街の犯罪状況を知る方法は二つあります。

1チャット不動産に街の治安状況を聞く

一つ目はチャット不動産に街の治安を聞く方法です。

チャット不動産屋との実際のやりとり▼

イエプラやりとり

深夜0時までチャットができ、相談すれば治安の悪いエリアを除外した物件を紹介してくれます。

治安面を考慮した物件を紹介してくれるので引っ越しを考えている人は利用してみてもよいかもしれません。こちらはスマホ・PCともに対応しています。

公式サイトチャットで治安がよいエリアの物件を紹介してもらう

2警視庁の犯罪データをチェックする

二つは警視庁が発表している犯罪発生状況のエクセルデータをチェックすること。

警視庁:区市町村の町丁別、罪種別及び手口別認知件数

エリアごとの犯罪件数を細かく掲載しています。ただしエクセル形式なのでスマホからではなくパソコンからみる必要があります。

 

時間も交通費もかけずに優良物件を探す裏技

時間も交通費もかけずに優良物件を探す裏技

一人暮らし

賃貸物件は、基本的に早いもの勝ちになります。

部屋の設備が充実している割に家賃が安かったり、人気エリアだったりと条件の良い物件は、あっという間に埋まります。

時間に余裕があれば不動産屋を巡るのがベストですが、時間に余裕がない人向けに来店せず物件を紹介してもらえるサービスもあります。

代表的なのは『チャット不動産のイエプラ』です。

ちょっとした空き時間にチャットで不動産屋に物件を紹介してもらえ、気に入った物件は1クリックで見学予約ができます。

みんなが入居したい好条件の物件はスピード勝負になるので、手間や交通費をかけずスピーディーに良い部屋を探したい人にはイエプラがおすすめです。

総合評価
イエプラロゴ
特徴 すべての不動産会社が登録している情報共有システム(レインズ)から物件を探してくれるので、情報更新の早さ正確さにおいて、ほかの不動産サイトよりも精度が高い
対応エリア 東京都・神奈川県・埼玉県・千葉県・大阪府・兵庫県・京都府
物件件数 500万件
URL 公式サイトhttps://ieagent.jp/

※レインズとは、国土交通大臣から指定を受けた、不動産流通機構が運営している情報共有システムのこと。全国の不動産業者が加入している。宅建業の届出をしている不動産会社しか利用できず一般公開はされていない。

一部のユーザーから「イエプラはしつこいしあやしい」という意見がありましたのでリアルな口コミをまとめました。

記事の監修:ゆうと



ゆうと

記事の監修:ゆうと
職業:webライター。上京してから住みやすい場所を求め、引っ越しを繰り返したことがこのサイトを作ったきっかけです。不動産屋では書けないことも中立な視点で街の良い点・悪い点をありのまま掲載していきます。当サイトのランキングはテレビ番組でも定期的に取り上げられています。

気になる区・街・駅名を自分で検索したい人はこちら

町名・駅名から探す

気になる区・街・駅名を自分で検索したい人はこちら↓

おすすめ関連記事




あなたにおすすめの関連記事

おとり物件で騙された話1
田舎者の自分がおとり物件で騙された話

東京からはじめて状況した時に、何度も、おとり物件に騙されました。おとり物件の騙し方を解説します。

未公開物件の探し方2
ネットに載らない未公開物件の探し方と注意点!

SUUMOやHOMESなど大手サイトに掲載されない未公開物件の探し方は?メリットとデメリット両方ってホント?

スーモにあるおとり物件の見分け方3
スーモに「おとり物件」が多い理由と釣り物件の見分け方3選!

スーモ(SUUMO)にはなぜ「おとり物件」が多く掲載されているの?見分け方はあるの?という疑問を解決していきます。

選ばない方がいい4
選ばないほうがいい賃貸物件の見分け方26選!ハズレ物件を引かないコツ

希望条件にあった部屋を探すのも大切ですが、避けるべきポイントを押さえて探すとより効率よく物件を絞り込めます。

10月の引っ越し5
10月に物件探しをするメリット・デメリットを解説!新築物件が出回る時期

1年の中でも「穴場」と言われるほど、10月は部屋探しのメリットが多い時期です。一方、10月ならではのデメリットも。

アドセンス広告記事下



【スポンサーリンク】


関連記事一覧

6月の引っ越し
6月は物件が少ない!?6月に物件探しするメリット・デメリットを解説!

目次1 6月の物件探しは実はおトク?2 6月に引っ越すことのメリット2.1 1家 ...

11月の物件探し
11月に物件探しをするメリット・デメリットを解説!家賃の値下げ交渉がしやすい時期

1年も残すところ2ヶ月となった11月。新しいお部屋を探している方の中には、「年内 ...

7月に引っ越すことのメリット
7月に物件探しをするメリット・デメリットを解説!家賃が安くなる時期

目次1 7月に引っ越すことのメリット1.1 1家賃が安い1.2 2フリーレントの ...

新卒の部屋探し
地方から東京へ!上京する際の部屋探しの時期とコツ【新卒向け】

目次1 地方から東京へ!上京する際の部屋探しのコツ1.1 物件が多く出てくるのは ...

12月の物件探し
12月に物件探しをするメリット・デメリットを解説!引っ越し費用が安い時期

年末ムードがただよう12月。新しい部屋を決めたい方の中には、「年内中に決めた方が ...