header
sumaho_haikei

部屋探しのコツまとめ

6月の物件探しは得が多い!家賃や引っ越し費用がもっとも安くなる時期

2021/06/09

6月に引っ越すことのメリット

6月の物件探しは実はおトク?

6月は1年でもっとも雨が多い時期です。天気が悪い日が続くので、お部屋探しには不向きに思えますが、実は6月ならではのメリットがたくさんあります。

とくに少しでも引っ越し費用を抑えたい人にはおすすめの時期です。

本記事は6月に部屋探しをする際のコツ、この時期ならではのメリット・デメリットを分かりやすく解説しています。6月に物件探しをする人は是非参考にしてください。

まずはメリットから!

【スポンサーリンク】

 

6月に引っ越すことのメリット

6月の引っ越し

1家賃が安い

6月に引っ越すことのメリットに、まず「家賃が安い」点が挙げられます。

一般的に、6月は単身物件の家賃が1年を通して安くなる時期です。通常、進学や就職で新しく住む部屋を探す人が多いのは1~3月であり、4月に入ると賃貸業界は閑散期になります。

閑散期に入ってしまうと、空いている部屋は次の繁忙期まで入居者が現れない可能性が高く、空き室では大家さんに家賃が入りません。

そこで、なんとしてでも空き室に入ってもらおうと、大家さんは家賃を下げて入居者を募ります。そのため、6月は家賃が安い物件が出回りやすくなる時期です。

2家賃や入居日などの交渉に応じてもらいやすい

募集時には家賃を下げていない物件でも、入居希望者が交渉すれば家賃を下げてもらえる場合もあります。

6月はそもそも物件を探す人が少ないため、条件つきでも入居希望者が現れるのは大家さんにとって嬉しいこと。

大家さんにもよりますが「次の繁忙期まで空き室が続くよりは少しでもお金が入るなら」と考え、入希望者の条件を聞いてくれる可能性が高い時期です。

家賃以外にも、普段は調整しづらい「入居日」を希望にあわせて設定させてもらえることも。また、空き室に入ってもらうために大家さんが室内設備の入れ替えを行っている場合もあり、家賃以外の費用面でも得する場合があります

3二人暮らし、家族向けの物件が増える

二人以上で住む物件を探している方の場合、6月は「二人暮らし向け、家族向けの物件が増える」点もメリットとして挙げられます。

「ジューンブライド」という言葉があるように、6月は昔から結婚に人気の時期。新居での生活を始める人が多いため、6月は同棲する人や新婚さんをターゲットとしたLDK物件が出回ります。

ただし、物件数は増えるものの家賃自体は高い物件が多いことも。結婚後に暮らす部屋を探す方は、今後の生活費をパートナーとよく話し合い、お互いに納得した部屋探しをするのが重要です。

   

4繁忙期よりも時間をかけて部屋探しできる

6月は「繁忙期よりも時間をかけて部屋探しできる」点もメリットです。

1~3月の繁忙期を終えた6月は、梅雨時期の悪天候も重なり、そもそも不動産屋を利用する人があまりいないことをご存知でしょうか。

そのため、予約無しで不動産屋に来店してもスタッフが空いている場合が多いです。他に利用者がいなければ丁寧に物件案内してもらえる可能性が高く、自分の希望にあった物件がより見つかりやすくなるでしょう。

また、賃貸物件は動きが速いため、繁忙期なら気に入った物件が見つかっても「1日迷っていたら申し込まれてしまった」という場合も。

一方、閑散期にあたる6月はライバルが少ないため、焦らず物件を検討できます。

5部屋の湿気やカビの状態を確認できる

雨が降っていると外に出るのが億劫な方も多いでしょう。しかし、6月のお部屋探しは「部屋の湿気やカビの状態を確認できる」メリットもあります。

「湿気がこもりやすいか」「カビが生えやすいか」などは、晴れの日の内見ではわかりづらいもの。

一方、雨天時の内見では「窓に結露ができていないか」「壁紙が浮き上がっていないか」などをチェックすれば部屋の状態がわかりやすいでしょう。じめじめとした梅雨時期ならではのメリットです。

6引っ越し代金が安く済む

部屋探しの面でメリットが多い6月ですが、引っ越し作業に関してもメリットが考えられます。

特に、6月は引っ越し代金が通常よりも安く済みます。進学や就職にあわせて春に引っ越す人が多いのに対し、引っ越し業界も6月は閑散期。

加えて、「6月は祝日が1つもない」「梅雨で天候が悪い」と条件がよくなく、他の月よりも引っ越す人が少ないです。

そこで、引っ越し業者は値下げやキャンペーンを行って人を呼び込むため、6月に引っ越せば通常よりも引っ越し代金を抑えられます。

【スポンサーリンク】

 

6月に引っ越すことのデメリット

6月のデメリット

続いて6月に引っ越すことのデメリットをご紹介していきます。

1空き物件の数が少ない

6月に引っ越すことのデメリットに、まず「空いている物件数が少ない」点が挙げられます。

閑散期にあたる6月は、物件を探す人が少ない一方、物件を出ていく人が少ないのも特徴。そのため、そもそも空いている物件が少なく、希望の条件に当てはまる物件が見つからない可能性があります。

2雨が多く引っ越し作業が大変

次に、「雨が降った場合に引っ越し作業が大変」な点があります。

6月といえば梅雨に入るため、引っ越し当日が雨と重なる場合も。引っ越し業者は雨でもきちんと作業してくれますが、晴れの日と比べると大きな荷物を運ぶのは一苦労です。

また、貴重品などを自分で運ぶ場合は、しっかりと雨対策をしておかなければなりません。準備も含め、晴れの場合よりも手間や時間がかかる可能性があります。

3引っ越しのスケジュール調整が大変

最後のデメリットとして、「引っ越しのスケジュール調整が大変」な点が挙げられます。

6月は祝日が1日もありません。しかし、引っ越しは荷造りや荷解きなども含めると3日~1週間程度と多くの時間を要します。

荷物が多い人であれば、計画的に荷造りを進めないと引っ越し当日までに間に合わなくなってしまう可能性も否めません。

また、土日に引っ越しが集中するため、人気の業者の場合は希望日程が埋まってしまう場合もあります。

6月に物件を探す方法とコツ

1最新情報をこまめに確認する

6月に物件を探す場合、物件の最新情報を常にチェックしましょう。

そもそも、6月は取り扱い物件が少ない時期です。そのため、希望の条件がそろった物件を見逃さないよう、最新の物件情報をこまめに確認してください。

なお、不動産ポータルサイトは反映に時間がかかるため、「サイトにあった物件が実はもう埋まっていた」という例はよくあります。

確実な情報を得るには、不動産屋に行って直接話を聞くのがベストです。

2気になる部屋はすぐに内見する

気になる部屋が見つかったら、すぐに内見しましょう。

時期を問わず、賃貸の部屋探しはスピード勝負です。6月は物件を探す人が少ないといっても、出回っている物件自体も少ないので、良い条件の部屋は希望者が集中する可能性もあります。

気になった部屋はすぐに内見し、ライバルに取られる前に手続きしましょう。

【スポンサーリンク】
   

3天気が悪い日こそ部屋探しをする

雨が降っている日こそ、部屋探しをするのもおすすめです。

悪天候の日ほど、不動産屋さんに行く人は少ないです。そのため、逆に雨の日に不動産屋に行けばゆっくり部屋探しができ、スタッフさんが丁寧に説明してくれることも。

店舗によっては空いているスタッフ数人が同時に部屋探しをしてくれる場合もあり、より理想の部屋が見つかる可能性が高いです。

4チャット不動産を利用する

雨で外に出たくない場合、コロナ禍での対面が不安という人は、チャット不動産を活用するのも一つの手です。

チャット不動産のイエプラ

イエプラロゴ

不動産屋しか見れない情報共有システム(レインズ)から物件を紹介してくれます。家賃相場の安い優良物件はネットに掲載する前に入居者が決まることが多いためSUUMOやHOMESには載りません。

ネット掲載前の物件を探すのに便利です。ネット不動産なのでチャットで気軽に相談できます。治安の良い街も紹介してくれるので女性の方におすすめです。

営業時間 9:30~24:00
定休日 年中無休
対応エリア 東京都・神奈川県・埼玉県・千葉県・大阪府・兵庫県・京都府
物件件数 500万件
URL イエプラの公式

不動産屋の担当者とチャット形式で会話ができます。会話が面倒な場合は、自分で物件を探したいと伝えれば不動産屋しか見れない検索サイトも送ってくれます。

イエプラとのやりとり

イエプラとのやりとり

入居希望者は家にいながら不動産の担当者とやりとりができ、天候や時間を気にせずお部屋探しできるので便利です。

5有休や代休を活用する

6月に物件を探す際は、有休や代休をうまく活用してスケジュールを調整しましょう。

6月は祝日が1つもありません。

しかし、希望のお部屋探しは意外と時間がかかるもの。さらに引っ越し作業では、準備・搬送・荷解きを含めて最低でも3日程度自由に使える日が必要です。

そこで、有休や代休を上手く使用して引っ越しまでのスケジュールを組みましょう。

なお、有休を取る場合、不動産屋の休みが多い火曜や水曜は避けるのが無難です。

6雨天時の引越し作業について確認しておく

最後に、引っ越しの際は雨天時の作業について確認しておきましょう。

梅雨に入る6月は、引っ越し当日も雨が降る可能性が高いです。

そのため、「雨天時のキャンセル料はかかるのか」「決行の場合業者による防水対策はどれくらい行われるのか」などを事前に引っ越し業者に確認しておくと安心です。

なお、引っ越し当日が雨の場合、自分でも雨対策をするのが重要。例えば、濡れたら困るものにビニール袋をかけたり、雑巾を準備したりしておくとスムーズに作業できます。

6月に物件を探すコツまとめ

6月は家賃の交渉に応じてもらいやすい時期ですが、築年数が新しい物件や設備が充実している物件は家賃交渉が難しいことも。

その場合、もっとも値切りやすいのが「礼金」です。ダメもとで、不動産屋の担当者に相談してみましょう。

月々の家賃の値引きは難しくても礼金であれば値引きに応じてくれる大家さんは意外と多いです。

また礼金をゼロにしてもらった際、注意したいのが「保証金」などと名称を変えて、結局同じ金額を払わせるケースです。

不動産屋の売り文句に騙されないよう、予め初期費用の総額を確認し、納得してから物件を申し込みましょう。

時間も交通費もかけずに優良物件を探す裏技

時間も交通費もかけずに優良物件を探す裏技

一人暮らし

賃貸物件は、基本的に早いもの勝ちです。

部屋の設備が充実している割に家賃が安かったり、人気エリアだったりと条件の良い物件は、あっという間に埋まります。

時間に余裕があれば不動産屋を巡るのがベストですが、時間に余裕がない人向けに来店せず物件を紹介してもらえるサービスもあります。

代表的なのは『チャット不動産のイエプラ』です。

ちょっとした空き時間にチャットで不動産屋に物件を紹介してもらえ、気に入った物件は1クリックで見学予約ができます。

みんなが入居したい好条件の物件はスピード勝負になるので、手間や交通費をかけずスピーディーに良い部屋を探したい人にはイエプラがおすすめです。

総合評価
イエプラロゴ
特徴 すべての不動産会社が登録している情報共有システム(レインズ)から物件を探してくれるので、情報更新の早さ正確さにおいて、ほかの不動産サイトよりも精度が高い
対応エリア 東京都・神奈川県・埼玉県・千葉県・大阪府・兵庫県・京都府
物件件数 500万件
URL 公式サイトhttps://ieagent.jp/

※レインズとは、国土交通大臣から指定を受けた、不動産流通機構が運営している情報共有システムのこと。全国の不動産業者が加入している。宅建業の届出をしている不動産会社しか利用できず一般公開はされていない。

記事の監修:ゆうと



ゆうと

記事の監修:ゆうと
職業:webライター。上京してから住みやすい場所を求め、引っ越しを繰り返したことがこのサイトを作ったきっかけです。不動産屋では書けないことも中立な視点で街の良い点・悪い点をありのまま掲載していきます。当サイトのランキングはテレビ番組でも定期的に取り上げられています。

気になる区・街・駅名を自分で検索したい人はこちら

町名・駅名から探す

気になる区・街・駅名を自分で検索したい人はこちら↓

おすすめ関連記事




あなたにおすすめの関連記事

1
田舎者の自分がおとり物件で騙された話

東京からはじめて状況した時に、何度も、おとり物件に騙されました。おとり物件の騙し方を解説します。

未公開物件の探し方2
ネットに載らない未公開物件の探し方と注意点!

SUUMOやHOMESなど大手サイトに掲載されない未公開物件の探し方は?メリットとデメリット両方ってホント?

優良物件3
優良物件の賢い探し方!賃貸物件を効率よく探す3つのコツ

優良物件を効率よく探すコツ3選。自分にとって『優良物件』とは何かを考えよう

8月の引っ越し4
9月に物件探しをした方が良い7つの理由!転勤で空き物件が増える時期

9月に部屋探しをする際のコツ、この時期ならではのメリット・デメリットを分かりやすく解説します。

部屋探し5
家賃はどの程度が理想?失敗しない物件探しのコツ

お部屋探しはどう選べばよい? お部屋探し&引っ越しの流れをカンタンに解説します。

ダメ6
ダメな不動産屋の見分け方!悪徳なセールストークに騙されないコツ

不動産屋のセールストークに騙されないで!ダメな不動産の見分け方と対処法

見抜くコツ7
【治安が悪い地域の特徴】住んだら後悔する賃貸物件の見分け方

治安・周辺環境が悪い物件を見極めるコツ

関連コンテンツ改

 
 

あなたにおススメの記事はこちら




部屋探しのコツまとめ

気になるテーマから探す

住みづらい街から人気の街までを一挙公開!部屋探しする際、知っておくと得する知識もテーマ別にまとめたので是非チェックしてください。



部屋探しのコツ

アドセンス広告記事下



【スポンサーリンク】