PR

4月に物件探しをするメリット・デメリットを解説!繁忙期が過ぎ家賃が安くなる時期

4月の物件探し

4月の物件探し

春は新生活を始める人が多い季節。新しいお部屋を探すなら「1月~3月の繁忙期に探すべき?」「繁忙期が過ぎた4月の方がいい?」と悩む方もいるのではないでしょうか。今回は4月にお部屋を探すメリット・デメリットを解説します。繁忙期との違いを把握して、自分にあった引越し時期を見極めましょう!

4月に引っ越すことのメリット

1気に入った物件をとられる心配が少ない

繁忙期が過ぎた4月は、狙ったお部屋を他の人にとられる心配が少ないです。

春からの進学・就職に向けて、1~3月は多くの人がお部屋を探す時期。お部屋探しはスピード勝負となり、気になった物件を1日保留にしていただけで他の人にとられてしまう可能性もあるでしょう。駅近や築浅などの人気物件は、募集を開始してすぐに入居者が決まってしまう場合もあります。

一方、ライバルが減る4月はじっくり時間をかけてお部屋を探せるでしょう。多くの物件を比較検討しながら、自分の希望条件にあった物件を見極めてください。

2不動産屋さんが空いている

1~3月と比較すると、4月は不動産屋さんも空いておりゆっくり話を聞けます。

繁忙期は不動産屋さんを訪れる人が多く、予約をしていないと案内を受けられない場合も多いです。運よくスタッフが空いていたとしても、次の予約客が来るまでの短い時間しか対応してもらえない可能性も高く、じっくりと話を聞くのは難しいでしょう。

一方、4月に入ると不動産屋さんを訪れる人は少なくなります。予約をしないで訪れてもスタッフが空いている可能性が高く、自分のスケジュールに合わせて好きな日・時間帯に話を聞きに行けるのがメリット。

また、スタッフも時間に余裕があるため親身に対応してもらえる場合が多く、自分の好みにあった物件もぐんと見つかりやすくなるでしょう。

また、繁忙期だと返信に時間がかかることの多い空き室などの問い合わせも、4月以降はすぐに返答がある可能性が高いです。スムーズにお部屋を探したい方は、ぜひ4月以降の時期を検討してみましょう。

3掘り出し物件に出会える可能性がある

4月に募集されている物件と言うと、「繁忙期に人気のなかった物件がほとんどではないか」と思いがちでしょう。しかし、意外にも4月は掘り出し物件が見つかる可能性が高いです。

前に住んでいた人の退去が3月末ギリギリになった場合、清掃やクリーニングをしていると3月中の募集に間に合いません。このように、繁忙期に募集が間に合わなかった優良物件が、4月に募集開始されるケースも多いです。

ただし、条件のいい物件は人気が集中してしまう可能性もあるでしょう。優良物件を逃さないよう、最新の物件情報をこまめにチェックしておくのがコツです。

4繁忙期より安い家賃で引っ越せる場合がある

4月に入ると、同じ物件でも1~3月より低い家賃で募集されている場合があります。

3月までに入居者が決まらなかった物件は、次の9~10月頃の繁忙期まで埋まらないケースも少なくありません。入居者が決まらないと家賃収入が得られないため、大家さんは家賃を見直して入居希望者を募ります。

急ぎでない場合は、4月に入ってからお部屋を探す方がお得に引っ越せる可能性が高くなるでしょう。

また家賃は手取りから逆算して考えることが大事です。一般的に家賃の上限は管理費込みで手取りの30%以下が目安と言われています。

例えば、手取り金額が月25万円だった場合、家賃の上限目安は7万5千円以下になります。

手取りから見る家賃の例
手取り額賃料の目安手取り額賃料の目安
15万4.5万25万7.5万
16万4.8万26万7.8万
17万 5.1万 27万8.1万
18万5.4万 28万8.4万
19万5.7万29万8.7万
20万6.0万30万9.0万
21万6.3万31万9.3万
22万6.6万32万 9.6万
23万6.9万33万9.9万
24万 7.2万34万10.2万

実際、入居審査の際は「家賃を継続して払える人物か」を見ているため、収入と見合わない家賃の物件を希望すると審査に通らない可能性が高いため注意が必要です。

【豆知識】5万以上安く部屋を借りるコツ2選

部屋を借りる際、「家賃1ヶ月+税」の仲介手数料を不動産会社にお礼として支払います。しかし不動産会社の中には半額や無料でもOKなところもあります。どうせ借りるなら仲介手数料が安い不動産会社がお得です。

【1】大手不動産なら直営店のエイブル
エイブル大手不動産屋だと「エイブル」が仲介手数料が半額です。「大東建託」や「アパマン」は家賃1ヶ月分とられるので、来店するなら半額になる「エイブル」がお得です。ただし半額になるのは直営店のみ。エイブルのフランチャイズ店は半額ではないので要注意。エイブルの直営店は「エイブル〇〇店」、フランチャイズ店舗は「エイブルネットワーク〇〇店」という名前で見分けることができます。
【2】ネットで探すならイエプラ
ネットで探すなら「イエプラ」が便利です。LINEで条件を入力すると不動産屋共有のデータベース(レインズやATBB)から物件を紹介してくれます。仲介手数料(家賃の1ヶ月分)も無料なのでエイブルよりもお得です。ただし対応エリアが東京都・神奈川県・埼玉県・千葉県・大阪府・兵庫県・京都府に限られています。地方の物件を探している人には不向きです。
公式サイトイエプラ

5初期費用を交渉しやすい

繁忙期と比べると、4月は大家さんに初期費用を交渉しやすい月と言えます。家賃が下がっていなくても、交渉次第でお得に引っ越せる可能性が高いでしょう。

繁忙期は何もしなくても入居希望者が現れるため、大家さんは基本的に費用交渉には応じません。一方、4月は繁忙期に埋まらなかった物件を埋めようと大家さんが必死になるため、条件交渉に応じてもらえる確率がぐんと高くなります。

ただし、毎月の収入に関わる「家賃」は下げるのを嫌がる大家さんも多いでしょう。費用交渉をするなら敷金・礼金や、一定期間の家賃を無料にする「フリーレント」の方が応じてもらいやすいと言えます。

6引っ越し料金が安くなっている

4月に入ると、不動産屋さんだけでなく引越し業者も閑散期に突入します。繁忙期には高い価格が設定されていた引越し料金も、4月には落ち着くケースがほとんどです。

加えて、人気の少ない夜間・早朝や、仕事の人が多い平日はさらにリーズナブルな価格が設定されている場合もあります。業者に依頼する際は、曜日や時間帯ごとの料金もチェックしてお得に引っ越しましょう。

【豆知識】安い引っ越し業者を探す方法

引越し業者によっては数万円も価格が違うことも珍しくありません。1番安い引っ越し業者をみつけるためにも複数の引っ越し業者に見積もり依頼を出すようにしましょう。

取り扱っている引っ越し業者がダントツで多い見積もりサイトは引っ越し侍です。全国332社と多く、安い業者が見つかります。また一人暮らしで近場に引っ越すなら赤帽がダントツで安くなります。

数多くから一番安い業者をみつけたい
引越し侍取り扱っている引っ越し業者がダントツで多い見積もりサイト。全国332社と多く、安い業者が見つけやすい。安さ重視なら電話・メールでの相談、サクッと金額を比較したい人はネットで料金比較が便利。
公式サイト引越し侍
一人暮らしで近場に引っ越す人向け
LIFULL引っ越し一人暮らしで近場に引っ越すなら赤帽がおすすめ。引っ越し先が20km以内、作業が2時間以内に終わる量あれば料金の目安は1万3千円と破格の安さです。赤帽の見積もりは「LIFULL引越し」でのみ可能です。ただ距離や荷物が多いほど料金があがっていくので家族や20km以上遠くに引っ越す人には不向きです。
公式サイト【LIFULL引越し】


7暖かい陽気で引っ越し作業がしやすい

最後に、4月は気候の面でも引っ越ししやすいのがメリットです。

気象庁の統計によれば、近年の東京の4月の平均気温は約14.3度。2月が約6.1度、3月が約9.4度のため、比較するとずいぶん過ごしやすい気候になっているのがわかります。

引越し作業はドアや窓を開けっぱなしすることも多いため、寒い時期だと作業を苦痛に感じてしまう人もいるでしょう。気温が上がる4月は、引っ越しに最適な時期と言えます。

4月に引っ越すことのデメリット

1物件の選択肢が少ない

4月にお部屋を探すデメリットは、物件の選択肢が少ない点です。

お部屋を出ていく人が少ない分、4月は市場に出回る物件数も少なくなります。そもそもの空き物件が少ないため、希望条件にあった物件が見つかりにくくなってしまうでしょう。

物件によってはインターネットに掲載されていないケースもあるため、直接不動産屋さんを訪れて最新の物件情報を押さえておくのもおすすめ。インターネットと不動産屋さんを上手く活用しながら、自分の希望にあった物件を探してください。

2新生活のキャンペーンが終わってしまっている

新生活のスタートにあわせて、家電や家具を新調する予定の方も多いのではないでしょうか。しかし、4月は家電や家具の値段が高くなってしまっている可能性があります。

家具を取り扱うお店や家電量販店は、1月~3月頃の引っ越しシーズンにあわせてセールを行います。一方、セール期間を過ぎた4月は通常価格に戻ってしまっている場合も多いでしょう。セールで製品が売れてしまい、在庫が少なくなっているケースも否めません。

家具や家電を安く手に入れたい方は、あらかじめお店のセール期間をチェックしておいたり、先に商品を購入しておいたりするのもおすすめです。

34月上旬は引っ越し業者が混んでいる

同じ4月中でも、時期によっては引越しスケジュールの希望が通らない可能性があります。

特に業者の予約が埋まりがちなのが4月上旬。春から新生活を始める人が多いため、3月中は予約が集中します。3月中に予約を取れなかった人が4月に流れ込むケースもあり、4月上旬は既に予約がいっぱいになっている可能性が高いです。

4月中に引越しスケジュールを組むなら、比較的落ち着きの見られる4月中旬~下旬頃が狙い目です。

4役所が混雑している

無事に新居へ移動が完了した後、必要になるのが住所変更の手続き。しかし、新生活を迎える人が多い3月~4月頃は役所も大変混雑しています。

通常なら10分~15分ほどで終わる手続きも、春頃は長蛇の列が発生し1時間以上待たされることも。急ぎでなければ、4月中旬以降に時期をずらして引越し・手続きをするのもおすすめです。

4月の物件探しまとめ

4月に部屋を探すメリット・デメリットを紹介しましたがいかがでしたか。

繁忙期が過ぎた4月はライバルが少なく、じっくりお部屋を探せたり初期費用交渉しやすかったりと多くのメリットがあります。一方、そもそも募集物件が少ない、4月上旬は引っ越し業者・役所が混んでいるなどのデメリットがある点には注意しましょう。

比較的、自分のペースでお部屋を探しやすい4月。3月中までに引っ越しを急がない場合は、ぜひ4月以降のお部屋探しも検討してみてくださいね。

物件探しの時期一覧

物件探しの時期一覧
1月5月9月
2月6月10月
3月7月11月
4月8月12月
人気記事部屋探しのおすすめの時期は?

【豆知識】ネットで探せない優良物件を探すコツ

一人暮らし

理想に近いお部屋を見つけるなら情報量が多い不動産屋にお部屋を紹介してもらいましょう。

店舗に行くのが面倒な人はイエプラが便利です。LINEで条件を入力すると不動産屋だけが見れるデータベース(レインズ)からお部屋を探してくれます。

スーモやHOME’Sにはない未公開物件も紹介してくれるのがポイント。

仲介手数料(家賃の1ヶ月分)が無料なので、初期費用を抑えたい人にもおすすめです。

総合評価
イエプラロゴ
特徴すべての不動産会社が登録している情報共有システム(レインズやATBB)から物件を探してくれるので情報量が多い。SUUMOやHOMESなど他のサイトに載っている物件仲介手数料を無料にしてくれるので、初期費用を抑えたい人におすすめ。
対応エリア東京都・神奈川県・埼玉県・千葉県・大阪府・兵庫県・京都府
仲介手数料無料
物件件数500万件
URL公式サイトhttps://ieagent.jp/

※レインズやATBBとは、国土交通大臣から指定を受けた、不動産流通機構が運営している情報共有システムのこと。全国の不動産業者が加入している。宅建業の届出をしている不動産会社しか利用できず一般公開はされていない。

  
  • この記事を書いた人
記事を書いた人

ゆうと

経歴:大手IT企業でウェブデザインを学び職種転換を図るため退職。現在は不動産関係のメディア運営に従事。街の住みやすさや治安を現地調査するがモットーです。当サイトは「dayday.」や「ヒルナンデス」などテレビでも取り上げられています。

 

今日最も読まれてる記事

未公開物件の探し方 1

不動産会社を訪れたらネットに載っていないお部屋を紹介され、不安になった経験はないでしょうか?また、お部屋を探す際に「未公開物件も多数あります」という不動産会社の紹介文を見たことがある方もいるかもしれま ...

ロフト付き物件がやめとけと言われる理由6選! 2

ワンルームや1Kによくある「ロフト付き物件」。ロフトは寝室や荷物置き場としても利用できるため魅力を感じる人も多いのではないでしょうか? しかしランサーズで住み心地のアンケートをとってみたところ「ロフト ...

スーモのおとり物件 3

スーモ(SUUMO)にはなぜ「おとり物件」が多く掲載されているの?見分け方はあるの?という疑問を解決していきます。 スーモを使ってこれから賃貸物件を探そうとしている人は、ぜひ参考にしてみてください! ...

東京在住が選んだ住みたい街ランキングBEST10! 4

東京は日本の首都であり、世界的に見ても有名な大都市の一つです。エンターテイメント、食事、ショッピングなどが楽しめますが、そのなかでも、どこが人気なのか500人以上にアンケートをとり集計しました。東京の ...

住みたくない街3位は蒲田 5

東京在住の男女、500名以上に「東京で住みたくない街はどこですか?」という独自のアンケートを行いました。 調査概要 実施日 2023年1~12月 対象 東京都在住 年齢 18~60代 回答者数 522 ...

-部屋探しのコツまとめ