header
sumaho_haikei

引越し

2月の引越し相場は高い!安くするなら上旬が狙い目!

2022/04/25

2月の引っ越し

就職や進学で引っ越し需要の高まる3月は、引っ越し料金も高くなりがちです。少しでも安く引っ越しを済ませようと、2月中の引っ越しを考える方も多いでしょう。しかし、2月なら本当に料金が安いのか、予約はとりやすいのかなど疑問に思っている方も多いのではないでしょうか。

今回は、2月の引越し料金相場や料金を安くするコツ、メリット・デメリットを解説します。2月に引越しを検討している方はぜひチェックして、お得に新生活を迎えましょう!

【スポンサーリンク】

 

2月の引越し費用の相場

 1人分2人分4人分
2月上旬の
全平均
3.0万円7.0万円8.0万円
2月上旬の
~15km未満
(同都道府県程度)
2.7万円6.4万円7,4万円
2月上旬の
~50km未満
(同都道府県程度)
3.0万円7.5万円14万円
2月上旬の
~200km未満
(同一地方程度)
4.0万円8.8万円10.6万円
2月上旬の
~500km未満
(近隣地方程度)
5.0万円12.5万円18万円
2月上旬の
500km以上
(遠距離地方程度)
7.0万円14万円30万円
2月中旬の
全平均
3.7万円7.5万円8.6万円
2月中旬の
~15km未満
(同都道府県程度)
2.7万円6.5万円8.0万円
2月中旬の
~50km未満
(同都道府県程度)
2.8万円7.5万円9.5万円
2月中旬の
~200km未満
(同一地方程度)
4.5万円9.3万円12.8万円
2月中旬の
~500km未満
(近隣地方程度)
5.5万円13.7万円23.4万円
2月中旬の
500km以上
(遠距離地方程度)
7.7万円14.5万円36.1万円
2月下旬の
全平均
4,5万円7.7万円9.3万円
2月下旬の
~15km未満
(同都道府県程度)
3.5万円7.0万円8.9万円
2月下旬の
~50km未満
(同都道府県程度)
3.6万円7.7万円10万円
2月下旬の
~200km未満
(同一地方程度)
5.8万円9.8万円14.1万円
2月下旬の
~500km未満
(近隣地方程度)
6.5万円15.1万円14万円
2月下旬の
500km以上
(遠距離地方程度)
7.0万円21万円30.5万円

費用の参照元:引越し侍(https://hikkoshizamurai.jp/price/month-february/)

2月の引っ越し料金の相場は約30,000円~約120,000円。荷物の量や引っ越し人数が増えるにつれて、引っ越し料金は高くなります。

2月は上旬と下旬で引っ越し料金が大きく変わるのもポイント。荷物の少ない単身者の場合で見ると、2月上旬の引っ越し料金は約30,000円、2月下旬は約45,000円と1ヶ月の間に約15,000円の差が見られます。

引越し料金を抑えたい方は、2月上旬の引越しを狙いましょう。具体的には2月3週目の週末頃から料金が高くなるため、2月1週目~2週目に引っ越しを済ませてしまうのがおすすめです。

2月に引っ越すことのメリット

12月上旬は引越し料金が安い

4月から新生活を迎える方の場合、2月~3月の内に引っ越しを考えるケースが多いでしょう。中でも2月上旬は引越し業者がまだ繁忙期に入っておらず、比較的安い価格で引っ越せます。

一方、2月下旬になると3月に予約がとれない方が流れこむケースも多く、どの引っ越し業者も料金を高く設定します。また、月末は賃貸物件の退去時期と重なるため、そもそも引越し需要が高まるのも月末の料金が上がる理由と考えられるでしょう。

少しでもお得に引っ越したい方は、2月上旬の引越しがおすすめです。

2スケジュールの交渉がしやすい

繁忙期前にあたる2月は引越し業者のスケジュールが空いており、日程の交渉がしやすいです。2月中旬までであれば、人気の土日や早い時間帯なども予約がとりやすいでしょう。

一方、2月下旬の土日などは早い段階で予約が埋まってしまう可能性が高いです。どうしても月末にスケジュールを組みたい方は、早めに予約をおさえておきましょう。

3ベテランスタッフに対応してもらえる

3月に入ると引越し業者は繁忙期を迎えるため、臨時のアルバイトなどを雇うことが多いです。一方、繁忙期前の2月はスタッフのスケジュールが空いており、作業に慣れているベテランの方に対応してもらえる可能性も高まるでしょう。

ベテランスタッフに作業してもらえることで、通常よりも短時間で引っ越しが終わる場合も。運搬作業をスムーズに進めたい方も、2月中の引越しがおすすめです。

   

2月に引っ越すことのデメリット

1気温が低く、作業がスムーズに進まない

寒さの厳しい2月は、引越し作業がスムーズに進まない可能性があります。

気象庁の統計によると、東京の2月の平均気温は約6.1度と言われています。荷物を運び出すためにも、引っ越し中は基本的に家のドアは開けっぱなし。作業中は、寒さとの戦いとなるでしょう。

いつでも体温調節ができるよう、衣類はすべて梱包せず手元に1~2着残しておくのがベスト。また、貼るタイプのカイロを用意しておくのもおすすめです。

2雪が降り引っ越しが延期になる場合がある

2月は都心でも雪が降る可能性があります。少しの雪であれば作業できるケースが多いですが、大雪であれば引っ越し作業は延期となる可能性が高いでしょう。

引っ越し日が延期になることで、新居への入居日が予定よりも遅れてしまいます。雪が降った場合でも作業を実施するのか、キャンセルになるのかは業者に事前に確認しおきましょう。なお、雪が多い地域の引越しは割増料金が発生する可能性もあるため、あわせて業者に確認が必要です。

また、移動時に自家用車を使う際は、タイヤのチェーンなどをしっかり準備しておきましょう。

3水濡れ対策が必要になる可能性がある

雪の日など悪天候で引越し作業をする場合は、荷物が濡れてしまう可能性があります。

大切な荷物を濡らさないためにも、悪天候時の水濡れ対策は必須。特に水に濡れると壊れてしまう家電や精密機器は、梱包したダンボールをビニール袋で覆って雨や雪から守りましょう。

また、せっかくの新居が汚れてしまわないよう、床に敷くシートや水滴を拭くための雑巾なども用意しておくと安心です。

4衣類をギリギリまで梱包しづらい

気温が低い2月は、引越し準備が進みづらいのもデメリット。厚着をするため、特に衣類はギリギリまでダンボールにしまいづらいです。

先に梱包できそうなものは早めに済ませておいたり、引っ越し日周辺の服装をあらかじめ決めておいたりして少しずつ進めておくのがおすすめ。引っ越し日直前に慌てて作業することのないよう、スケジュールを組みながら梱包を進めましょう。

5日照時間が短い

2月は暗くなる時間が早いのもデメリットです。

暗い中での運搬作業は、周囲の見づらさから荷物を落としてしまったり、他のダンボールにぶつかってしまったりと危険を伴います。新居に着くのが夕方になる場合は、明るい中で作業できるように照明などの環境を整えておきましょう。

また、明るい時間帯に引越しを終わらせたいと考える人が多いため、午前中の予約が埋まりやすいのもデメリット。引越し日が決まったら、なるべく早めに業者を予約しておきましょう。

【スポンサーリンク】

 

2月に安く引っ越すコツ

2月上旬の平日を選ぶ

2月に安く引っ越すコツ1つめは、平日を選ぶことです。

2月は月末になるにつれて、引っ越し料金が高くなる傾向にあります。料金を安く抑えたい方は、2月上旬に引っ越しをしましょう。

また、引越しは体力を使うため、土日や次の日が休みの金曜日に行う人が多いです。そのため、週末にかけてはどの業者も料金が高く設定されている場合が多いでしょう。平日が仕事の方も、可能であれば有給休暇を取得して平日に調整した方が安く済ませられます。

相見積をとる

2月に安く引っ越すコツ2つめは、相見積をとることです。引越し業者を決める際は、最低でも3社には問い合わせましょう。

引越し業者も自社で決めて欲しいため、問い合わせをすると「他に相談している会社はありますか?」「他社さんはいくらでやると言っていますか?」などと質問してきます。いくつか見積もりを出してもらった中から、じっくり比較検討して業者を選びましょう。

【豆知識】安い引っ越し業者を探す方法

引越し業者によっては数万円も価格が違うことも珍しくありません。1番安い引っ越し業者をみつけるためにも複数の引っ越し業者に見積もり依頼を出すようにしましょう。

取り扱っている引っ越し業者がダントツで多い見積もりサイトは引っ越し侍です。全国332社と多く、安い業者が見つかります。また一人暮らしで近場に引っ越すなら赤帽がダントツで安くなります。

数多くから一番安い業者をみつけたい
引越し侍 取り扱っている引っ越し業者がダントツで多い見積もりサイト。全国332社と多く、安い業者が見つけやすい。安さ重視なら電話・メールでの相談、サクッと金額を比較したい人はネットで料金比較が便利。
公式サイト引越し侍
一人暮らしで近場に引っ越す人向け
LIFULL引っ越し 一人暮らしで近場に引っ越すなら赤帽がおすすめ。引っ越し先が20km以内、作業が2時間以内に終わる量あれば料金の目安は1万3千円と破格の安さです。赤帽の見積もりは「LIFULL引越し」でのみ可能です。ただ距離や荷物が多いほど料金があがっていくので家族や20km以上遠くに引っ越す人には不向きです。
公式サイトLIFULL引越し


早めに予約する

2月に安く引っ越すコツ3つめは、早めに予約をすることです。

引っ越し日まで余裕をもって動くことで、業者側とプランや料金を交渉する時間も多くとれます。一方、引越し日直前に予約をすると、従業員や運搬用トラックの都合をつけるために割増料金が発生してしまう可能性もあるでしょう。

おおよその日程が決まったら、早めに業者を予約するのがコツです。

縁起がいい日を避ける

2月に安く引っ越すコツ4つめは、縁起がいい日を避けることです。

新生活のスタートとなる引越しは、ゲン担ぎのために縁起がいい日を選ぶ人が多いです。特に、何をするにもよいとされている「大安」は人気の傾向にあり、業者側も料金を高く設定している可能性があるでしょう。

特に縁起を気にしない方は、「仏滅」「赤口」などあえて縁起がよくないとされる日を選ぶと引越し料金を抑えられます。

2月の引っ越しまとめ

2月の引越し料金相場や安く抑えるコツ、メリット・デメリットについて紹介しました。

3月の繁忙期直前となる2月は、月末が近づくにつれて料金が高くなるのが特徴。単身者の場合は15,000円ほどの差が見られるため、安く引っ越すなら2月上旬~中旬までの引越しがベストです。また、土日や大安を避けることで、より費用を抑えられるでしょう

いくつか業者に見積もりをとり、比較検討しながらお得に新生活をスタートさせてくださいね。

不動産屋に行く前に事前に知っておくべきこと

   

【豆知識】治安のよい街に住みたい人向け

不動産屋に行く前に事前に知っておくべきこと

エイブルやアパマンなど大手の不動産屋で物件を案内してもらうとき

「目の前にコンビニがあって便利ですよ」

「駅から徒歩5分以内で通勤がラクですよ」

など魅力的な面ばかり推してきますが、仮に周辺で軽犯罪が多発していても、ネガティブな情報は、まず教えてくれません。

詐欺や犯罪に巻き込まれないようにするためには、住みたい街の治安をあらかじめチェックすることが非常に大切です。

街の犯罪状況を知る方法は二つあります。

1チャット不動産に街の治安状況を聞く

一つ目はチャット不動産に街の治安を聞く方法です。

チャット不動産屋との実際のやりとり▼

イエプラやりとり

深夜0時までチャットができ、相談すれば治安の悪いエリアを除外した物件を紹介してくれます。

治安面を考慮した物件を紹介してくれるので引っ越しを考えている人は利用してみてもよいかもしれません。こちらはスマホ・PCともに対応しています。

公式サイトチャットで治安がよいエリアの物件を紹介してもらう

2警視庁の犯罪データをチェックする

二つは警視庁が発表している犯罪発生状況のエクセルデータをチェックすること。

警視庁:区市町村の町丁別、罪種別及び手口別認知件数

エリアごとの犯罪件数を細かく掲載しています。ただしエクセル形式なのでスマホからではなくパソコンからみる必要があります。

 

お得に引っ越すコツ



お得に引っ越すコツ

月別に引越しする時のメリット・デメリットをまとめました。引っ越しをするときの目安として参考にしてください。

引越しの時期まとめ
1月の引越しメリット・デメリット2月の引越しメリット・デメリット3月の引越しメリット・デメリット
4月の引越しメリット・デメリット5月の引越しメリット・デメリット6月の引越しメリット・デメリット
7月の引越しメリット・デメリット8月の引越しメリット・デメリット9月の引越しメリット・デメリット
10月の引越しメリット・デメリット11月の引越しメリット・デメリット12月の引越しメリット・デメリット

時間も交通費もかけずに優良物件を探す裏技

時間も交通費もかけずに優良物件を探す裏技

一人暮らし

賃貸物件は、基本的に早いもの勝ちになります。

部屋の設備が充実している割に家賃が安かったり、人気エリアだったりと条件の良い物件は、あっという間に埋まります。

時間に余裕があれば不動産屋を巡るのがベストですが、時間に余裕がない人向けに来店せず物件を紹介してもらえるサービスもあります。

代表的なのは『チャット不動産のイエプラ』です。

ちょっとした空き時間にチャットで不動産屋に物件を紹介してもらえ、気に入った物件は1クリックで見学予約ができます。

みんなが入居したい好条件の物件はスピード勝負になるので、手間や交通費をかけずスピーディーに良い部屋を探したい人にはイエプラがおすすめです。

総合評価
イエプラロゴ
特徴 すべての不動産会社が登録している情報共有システム(レインズ)から物件を探してくれるので、情報更新の早さ正確さにおいて、ほかの不動産サイトよりも精度が高い
対応エリア 東京都・神奈川県・埼玉県・千葉県・大阪府・兵庫県・京都府
物件件数 500万件
URL 公式サイトhttps://ieagent.jp/

※レインズとは、国土交通大臣から指定を受けた、不動産流通機構が運営している情報共有システムのこと。全国の不動産業者が加入している。宅建業の届出をしている不動産会社しか利用できず一般公開はされていない。

記事の監修:ゆうと



ゆうと

記事の監修:ゆうと
職業:webライター。上京してから住みやすい場所を求め、引っ越しを繰り返したことがこのサイトを作ったきっかけです。不動産屋では書けないことも中立な視点で街の良い点・悪い点をありのまま掲載していきます。当サイトのランキングはテレビ番組でも定期的に取り上げられています。

気になる区・街・駅名を自分で検索したい人はこちら

町名・駅名から探す

気になる区・街・駅名を自分で検索したい人はこちら↓

おすすめ関連記事




あなたにおすすめの関連記事

1
田舎者の自分がおとり物件で騙された話

東京からはじめて状況した時に、何度も、おとり物件に騙されました。おとり物件の騙し方を解説します。

未公開物件の探し方2
ネットに載らない未公開物件の探し方と注意点!

SUUMOやHOMESなど大手サイトに掲載されない未公開物件の探し方は?メリットとデメリット両方ってホント?

スーモにあるおとり物件の見分け方3
スーモに「おとり物件」が多い理由と釣り物件の見分け方3選!

スーモ(SUUMO)にはなぜ「おとり物件」が多く掲載されているの?見分け方はあるの?という疑問を解決していきます。

優良物件4
優良物件の賢い探し方!賃貸物件を効率よく探す3つのコツ

優良物件を効率よく探すコツ3選。自分にとって『優良物件』とは何かを考えよう

4月の引っ越し5
5月に物件探しをするメリット・デメリットを解説!家賃が安くなる時期

今回は5月の物件探しについて解説します。メリットとデメリットを把握して、お部屋を探す時期の参考にしてください。

部屋探し6
賃貸物件の初期費用を5~10万円抑えるコツ!払わなくていい11項目を解説

お部屋探しはどう選べばよい? お部屋探し&引っ越しの流れをカンタンに解説します。

ダメ7
ダメな不動産屋の見分け方!悪徳なセールストークに騙されないコツ

不動産屋のセールストークに騙されないで!ダメな不動産の見分け方と対処法

見抜くコツ8
【治安が悪い地域の特徴】住んだら後悔する賃貸物件の見分け方

治安・周辺環境が悪い物件を見極めるコツ

関連コンテンツ改

あなたにおススメの記事はこちら




失敗しない部屋探しのコツまとめ

失敗しない部屋探しのコツまとめ

入居審査を通すコツまとめ

部屋を探す時期は?

どんな部屋を探せばいいの?

家賃の目安と初期費用

部屋探しの体験談まとめ

部屋探しのコツまとめ

気になるテーマから探す

住みづらい街から人気の街までを一挙公開!部屋探しする際、知っておくと得する知識もテーマ別にまとめたので是非チェックしてください。



部屋探しのコツ

アドセンス広告記事下



【スポンサーリンク】


関連記事一覧

5月の引っ越し
5月は引越し費用が安い!狙い目はGW明けの平日!

新生活を迎える人が多い4月前後は、引っ越し業界も繁忙期を迎えます。料金やスケジュ ...

6月の引っ越し
6月の引越しは閑散期なので料金が安くてお得!値段交渉もしやすい!

新生活を迎える人が多い4月前後は、引っ越し料金も高くなりがちです。中には時期をず ...

11月の引越し
11月は閑散期で引越し料金が安くなる時期!特に安くするなら上旬~中旬が狙い目

年末に向けて忙しくなる前に、引っ越しを済ませようと考える方も多いのではないでしょ ...

4月の引っ越し
4月に引越し料金を安くする3つの裏技【10日以降が狙い目】

目次1 4月は10日以降に費用が安くなる2 大手の引っ越し業者だから安いというワ ...

3月の引っ越し
3月の引越し料金を安く抑えるコツ6選!

就職や転勤、進学などで4月から新生活を迎える場合、3月中の引っ越しを考える方がほ ...