header
sumaho_haikei

引越し

4月に引越し料金を安くする3つの裏技【10日以降が狙い目】

2022/04/25

4月の引っ越し

4月は10日以降に費用が安くなる

1月~3月は、新社会人や学生など新生活をはじめる人が多く1年を通して引越し料金が最も高くなります。1年を通しての平均相場は4万円台ですが、繁忙期の3月は約8万円と2倍近くになります。

4月は1月~3月に比べて引っ越し料金は落ち着いていますが、入社日や入学日が遅い人がまだ引っ越しをしており、1~10日まではまだ料金は高めです。

引っ越し業者も上旬は混雑していますが、中旬を過ぎれば空きが出るので、4月に引っ越すなら需要が落ち着く10日以降がおすすめです。

需要が落ち着けば必然的に引っ越し料金も下がりますので、少しでも引っ越し料金を抑えたい人は、4月10日以降に引っ越し業者を決めましょう。逆に4月の頭は引っ越し業者に足元を見られた料金を吹っ掛けられるのでおすすめしません

月別の引越し料金相場(単身者)

  単身(荷物小) 単身(荷物大)
1月 38,115円 39,628円
2月 40,011円 47,496円
3月 67,481円 78,879円
4月 48,817円 53,991円
5月 40,308円 42,900円
6月 36,218円 41,440円
7月 39,424円 44,686円
8月 38,669円 41,296円
9月 39,717円 45,112円
10月 35,431円 40,374円
11月 37,874円 43,469円
12月 36,315円 40,855円

データ参照元:引っ越し侍

【スポンサーリンク】

 

大手の引っ越し業者だから安いというワケではない!

引っ越しする時、絶対やっておきたいのが、それぞれの会社の見積もりを取ること!

何千円、下手したら数万円違います。

引っ越しのCMをよくテレビでも見ますが、テレビでやっている=安いではありません。

知名度がある会社は広告にお金をかけている分、引っ越し料金は高い傾向にあります。

始め、某大手の引越し屋さんに見積もりをだしてもらったところ7万円と言われました。

誰もが知ってる動物がマスコットの有名な引っ越し会社です。

むむ・・なかなかするな・・・と試しに、他社でも見積もったところ5万と言われ、これはもっと安くしてくれる引っ越し業者がいるかも・・!?とネットから複数見積もったところ4万5千円でもいいですよと言ってくる会社さんも現れました。

7万から一気に4万5千円まで下がり、嬉しい反面、ちゃんとやってくれるか少し心配もありましたが、しっかり梱包して、汗だくになりながら運んでくれました。

引っ越し費用を安くする裏技

1. 引っ越し日は平日を選ぶべし

土、日は引っ越しの依頼が多く金額も上がります。逆にいうと依頼の少ない平日を指定すると安くなることが多いです。

どれぐらい安くしてくれるかは業者によって違いますが、自分の場合、引っ越し日を休日から平日に変更して5千円の値引きをしてもらいました。

2. 午前か午後かは業者に決めさすべし

時間指定をするより、引っ越し業者が来やすい時間に合わせてあげると安くなります。

これも業者によって値引き額が大きく違ってくるので複数の会社を事前に見積もってみるのがベストです。

3. コロナで引越し料金は例年より安い

コロナ禍で東京へ上京する人が減り、引っ越し平均相場も3千円~5千円ほど下がっています。引っ越しするなら今がチャンスです。

【スポンサーリンク】

 

どこで見積もればいいの?

提携業者が多い見積もりサイトを使うべし

自分が引っ越す際に使ったのは引っ越し侍です。取り扱っている業者が全国316社と、めちゃくちゃ多かったので、ここなら安い業者が見つかるかもと思い利用しました。

引越し業者の提携数

引っ越し侍には「ネットで料金を比較」と「電話・メールで料金相談」の二つの方法があります。

1. ネットで料金を比較

『ネットで料金を比較』を選択しダンボールの数や引っ越し先などを入力すると会社ごとの引っ越し料金が一覧で表示されます。

その中で一番安い会社を選択し、あとはそこに依頼すればOKです。

電話・メールでのやりとりが面倒な人、金額はある程度安ければOKという人向けです。

2. 電話・メールで料金相談

『電話・メールで料金相談』を選択しダンボールの数や引っ越し先などを入力するとメールや電話で料金の交渉ができます。

自分で交渉して徹底的に安さを重視するなら電話・メールでの相談をおすすめします。

引っ越し

まとめ・使ってみた感想

自分は安さ重視だったので電話・メールでの相談を利用しました。

使った感想は、とにかく安さを競い合ってます。

メールや電話で、「うちは、これだけ安くしますよ!」と値引きをしまくってくれます。

でも

「○○は、○万円でやってくれるというからそこに決めようと思います」

というと

「じゃあ、うちはその金額から更に5千円引きしますよ!」

と、そんなに安くできるなら最初から言ってよってところまで下がりました。

ただデメリットがあるとすれば、とにかくみんな電話なりメールなりでガンガン営業をかけてくるので、対応するのが少し面倒くさいです。

粘ればもっと安くしてくれる業者もありそうでしたが、やりとりが面倒になり「もう別の業者で決めました!」と途中から断ったぐらいです。

徹底的に安くしたいなら交渉をしっかりするのをおススメしますが、さっさと決めてしまいたいなら、ある程度で、もう決めました!!と他の営業は断るのがベストです。

引っ越しを安くするコツまとめ

  1. 安く抑えたいなら4月10日以降に引っ越しすべし
  2. 知名度がある会社の方が料金は高い
  3. 複数の引っ越し会社から見積もって安い会社を探すべし
  4. 引っ越し日は平日を選ぶべし
  5. 午前か午後かは業者に決めさすべし
  6. 見積もり後、電話なりメールなりで営業があった場合、他社はもっと安くしてくれたと駆け引きすべし

  

不動産屋に行く前に事前に知っておくべきこと

   

【豆知識】治安のよい街に住みたい人向け

不動産屋に行く前に事前に知っておくべきこと

エイブルやアパマンなど大手の不動産屋で物件を案内してもらうとき

「目の前にコンビニがあって便利ですよ」

「駅から徒歩5分以内で通勤がラクですよ」

など魅力的な面ばかり推してきますが、仮に周辺で軽犯罪が多発していても、ネガティブな情報は、まず教えてくれません。

詐欺や犯罪に巻き込まれないようにするためには、住みたい街の治安をあらかじめチェックすることが非常に大切です。

街の犯罪状況を知る方法は二つあります。

1チャット不動産に街の治安状況を聞く

一つ目はチャット不動産に街の治安を聞く方法です。

チャット不動産屋との実際のやりとり▼

イエプラやりとり

深夜0時までチャットができ、相談すれば治安の悪いエリアを除外した物件を紹介してくれます。

治安面を考慮した物件を紹介してくれるので引っ越しを考えている人は利用してみてもよいかもしれません。こちらはスマホ・PCともに対応しています。

公式サイトチャットで治安がよいエリアの物件を紹介してもらう

2警視庁の犯罪データをチェックする

二つは警視庁が発表している犯罪発生状況のエクセルデータをチェックすること。

警視庁:区市町村の町丁別、罪種別及び手口別認知件数

エリアごとの犯罪件数を細かく掲載しています。ただしエクセル形式なのでスマホからではなくパソコンからみる必要があります。

 

お得に引っ越すコツ



お得に引っ越すコツ

月別に引越しする時のメリット・デメリットをまとめました。引っ越しをするときの目安として参考にしてください。

引越しの時期まとめ
1月の引越しメリット・デメリット2月の引越しメリット・デメリット3月の引越しメリット・デメリット
4月の引越しメリット・デメリット5月の引越しメリット・デメリット6月の引越しメリット・デメリット
7月の引越しメリット・デメリット8月の引越しメリット・デメリット9月の引越しメリット・デメリット
10月の引越しメリット・デメリット11月の引越しメリット・デメリット12月の引越しメリット・デメリット

記事の監修:ゆうと



ゆうと

記事の監修:ゆうと
職業:webライター。上京してから住みやすい場所を求め、引っ越しを繰り返したことがこのサイトを作ったきっかけです。不動産屋では書けないことも中立な視点で街の良い点・悪い点をありのまま掲載していきます。当サイトのランキングはテレビ番組でも定期的に取り上げられています。

気になる区・街・駅名を自分で検索したい人はこちら

町名・駅名から探す

気になる区・街・駅名を自分で検索したい人はこちら↓

おすすめ関連記事




あなたにおすすめの関連記事

1
田舎者の自分がおとり物件で騙された話

東京からはじめて状況した時に、何度も、おとり物件に騙されました。おとり物件の騙し方を解説します。

未公開物件の探し方2
ネットに載らない未公開物件の探し方と注意点!

SUUMOやHOMESなど大手サイトに掲載されない未公開物件の探し方は?メリットとデメリット両方ってホント?

スーモにあるおとり物件の見分け方3
スーモに「おとり物件」が多い理由と釣り物件の見分け方3選!

スーモ(SUUMO)にはなぜ「おとり物件」が多く掲載されているの?見分け方はあるの?という疑問を解決していきます。

優良物件4
優良物件の賢い探し方!賃貸物件を効率よく探す3つのコツ

優良物件を効率よく探すコツ3選。自分にとって『優良物件』とは何かを考えよう

4月の引っ越し5
5月に物件探しをするメリット・デメリットを解説!家賃が安くなる時期

今回は5月の物件探しについて解説します。メリットとデメリットを把握して、お部屋を探す時期の参考にしてください。

部屋探し6
賃貸物件の初期費用を5~10万円抑えるコツ!払わなくていい11項目を解説

お部屋探しはどう選べばよい? お部屋探し&引っ越しの流れをカンタンに解説します。

ダメ7
ダメな不動産屋の見分け方!悪徳なセールストークに騙されないコツ

不動産屋のセールストークに騙されないで!ダメな不動産の見分け方と対処法

見抜くコツ8
【治安が悪い地域の特徴】住んだら後悔する賃貸物件の見分け方

治安・周辺環境が悪い物件を見極めるコツ

関連コンテンツ改

あなたにおススメの記事はこちら




失敗しない部屋探しのコツまとめ

失敗しない部屋探しのコツまとめ

入居審査を通すコツまとめ

部屋を探す時期は?

どんな部屋を探せばいいの?

家賃の目安と初期費用

部屋探しの体験談まとめ

部屋探しのコツまとめ

気になるテーマから探す

住みづらい街から人気の街までを一挙公開!部屋探しする際、知っておくと得する知識もテーマ別にまとめたので是非チェックしてください。



部屋探しのコツ

アドセンス広告記事下



【スポンサーリンク】


関連記事一覧

11月の引越し
11月は閑散期で引越し料金が安くなる時期!特に安くするなら上旬~中旬が狙い目

年末に向けて忙しくなる前に、引っ越しを済ませようと考える方も多いのではないでしょ ...

2月の引っ越し
2月の引越し相場は高い!安くするなら上旬が狙い目!

就職や進学で引っ越し需要の高まる3月は、引っ越し料金も高くなりがちです。少しでも ...

8月の引っ越し
8月は引越し費用が安いの?とことん費用を抑えるなら8月上旬が狙い目

学校や会社が夏休みに入る8月は、休みを利用して引っ越そうと考えている方も多いので ...

9月の引っ越し
9月の引越しは良くないの?下旬は予約が取りにくくなる時期

転勤や秋入学などで、9月に引っ越しを検討している方も多いのではないでしょうか。引 ...

5月の引っ越し
5月は引越し費用が安い!狙い目はGW明けの平日!

新生活を迎える人が多い4月前後は、引っ越し業界も繁忙期を迎えます。料金やスケジュ ...