header
sumaho_haikei

部屋探しのコツまとめ

0円で借りれる賃貸物件の探し方!タダで借りるメリット・デメリットも解説!

家賃がタダ!0円の物件

新しい部屋に引っ越す際は、引っ越し代や家具の購入など何かとお金がかかるもの。引っ越しにかかる費用を抑えたいと思う方の中には、「初月だけでも家賃がタダにならないか」と考える方もいるのではないでしょうか。

近年では家賃がタダになる「フリーレント」を設けた賃貸物件が増えつつあります。ただし、初期費用を抑えられる一方、長期的に見ると損をしてしまう可能性も。本記事では、フリーレント物件のメリットやデメリットを解説します。

タダで借りるならフリーレントがおすすめ

「フリーレント」とは家賃を一定期間タダとする契約のこと。無料期間に明確な決まりはなく、適用される期間は物件によって異なります。一般的には2週間~1ヶ月程度、長いと3ヵ月程度家賃が無料になるパターンもあります。

「タダ」と言われると「住めないほど汚い部屋なのではないか?」「事故物件ではないか?」と不安に思う方もいるでしょう。

家賃を無料にする目的は主に「物件への入居促進」のため、心配する必要はありません。例えば、駅近物件と比べると駅から遠い物件は人気が低くなりがちです。そこで、埋もれてしまいがちな物件にフリーレントをつけて部屋を探す人に興味を持たせる仕組みです。

家賃が0円は大家さんにとっても得!

フリーレントは入居者にとって嬉しい制度ですが、大家さんにとっても空き室を防げるメリットがあります。空き室では家賃収入が得られないため、大家さんは何としてでも誰かに入居してもらいたいところ。フリーレントをつければ入居者が決まる確率が高くなります。

フリーレントはもともと募集条件に入っている場合もあれば、交渉でつけられる場合もあります。引っ越し時にかかる費用を少しでも抑えたい方は、入居時に不動産会社に相談してみましょう。ただし、好条件で人気の物件や、1~3月の繁忙期は交渉が通らない可能性が高いため注意が必要です。

【スポンサーリンク】

 

フリーレントのメリット

1空家賃、二重家賃が防げる

引越し直後の家賃が無料になることで、「空家賃」や「二重家賃」を防げます。

「空家賃」とは部屋に住んでいないにもかかわらず支払う家賃のこと。実際の入居日より早めにお部屋を決めてしまった場合や、入居予定日までに引っ越しが間に合わなかった場合に発生してしまいます。一方、初月の家賃がタダになれば入居が遅れてしまっても無駄な家賃を支払う必要がなくなります

また、現在も賃貸物件に住んでいる方は、現在の物件と新しい物件の家賃を両方支払う「二重家賃」が発生してしまう可能性があります。2物件の契約期間がかぶってしまっても、一方が無料期間なら支払う家賃は1物件のみで済むでしょう。

このように、フリーレントは無駄な家賃を支払うリスクを避けられます。

2早めに物件を決められる

一定期間の家賃が無料になることで、契約手続きを早めに進められるメリットもあります。

特に1~3月の繁忙期に引っ越しをする方は、いい部屋が見つかったら他の人にとられる前におさえておきたいと考えるでしょう。しかし、賃貸物件は契約をした時点で家賃が発生してしまいます

入居日より余裕をもって契約をしても、フリーレント期間があれば無駄な家賃を支払う必要がありません。早めに契約手続きを終えられるため、休みがとりづらくなかなか引っ越しスケジュールが決まらない方にもおすすめです。

3初期費用を抑えられる

フリーレント物件を選ぶことで、引っ越しにかかる初期費用を抑えられます

引越しの際は何かとお金がかかるもの。もし初月の家賃がタダになれば、浮いた分のお金を引っ越し料金や家電製品の購入などに回せます。初期費用を抑えて引っ越ししたい方は、ぜひ検討してみましょう。

4家賃を下げるよりも交渉が通りやすい

新しい部屋に引っ越す際、不動産会社に家賃交渉をする方もいるでしょう。一般的に、フリーレントは家賃を下げるよりも交渉が通りやすいと言われています。

交渉が通りやすい理由は、長期的に見ると大家さんが損をする額が少ないからです。例えば家賃9万円の物件を家賃8万円に下げて契約した場合、大家さんの家賃収入は2年間で24万円も減ってしまいます。一方、1ヶ月のフリーレントであれば減ってしまう家賃収入額は9万円のみで済みます。

なお、交渉の際は選択肢を出すのも心理的に通りやすいと言われています。「家賃を下げるか、初月を無料にできないか」のように交渉してみましょう。

   

フリーレントのデメリット

1短期違約金が発生する場合がある

フリーレント物件はメリットばかりではありません。大きなデメリットとして、「短期違約金」が設定される可能性が高い点が挙げられます。

「短期違約金」とは、半年~1年などの短期間で退去する場合に発生する違約金のこと。金額は物件によるものの、住んでいた期間が半年だと家賃2ヶ月分程度、1年だと家賃1ヶ月分程度と言われています。

短期違約金によって無料になった金額を支払うことになり、結果的にフリーレントの意味がなくなってしまう可能性があります。すぐに引っ越す予定がある方や、転勤が多い方は注意しましょう。

2管理費、共益費は無料にならないケースが多い

一般的に、管理費・共益費などはフリーレントには含まれません。無料になるのは「家賃」のみのケースがほとんどのため注意しましょう。

引っ越し時の初期費用は家賃の5ヶ月分程度かかると言われています。家賃がかからない期間があるとしても油断せず、引っ越しは計画的にお金を貯めて行いましょう。

3家賃が割高な可能性がある

フリーレント物件は近隣相場よりも家賃が高いケースがあります。初期費用を抑えられたとしても、トータルで見ると他の物件の方が安く済む可能性があるため注意しましょう。

例えば、家賃10万円の物件で初月の家賃が無料となった場合、2年間の家賃は合計230万円です。一方、家賃9万円の物件で無料期間無しなら2年間の家賃は合計216万円。長期的に見ると無料期間の無い物件の方がお得になります。

初期費用を抑えたいのか、トータルで家賃を抑えたいのか、よく検討してから物件を選びましょう。

4無料期間は物件によって異なる

賃貸物件のフリーレント期間に明確な定めはありません。条件によっては損をしてしまう可能性があるため注意しましょう。

物件によって、家賃がタダになる期間は1ヶ月~3ヶ月とさまざま。中には、「入居するまでの期間は無料」のパターンもあります。契約から入居までの期間が短い場合は、結果的にフリーレントの意味がなくなってしまうでしょう。

適用期間はいつまでなのか、よく確認してから物件を契約するようにしましょう。

5契約更新月がわかりづらくなる

家賃が無料になる期間を設けることで、契約更新月がわかりづらくなるデメリットもあります。フリーレントの物件の場合、契約開始月と家賃発生月がずれる点に注意しましょう。

例えば、春からの進学や就職に備えて1月に契約を結んだ場合。2月~3月を無料期間として4月から家賃発生としていても、実際の契約は2月より開始されています。2年後の1月末には契約更新となってしまうため、「契約更新はまだ先だと思っていた!」と慌てないように気をつけましょう。

【スポンサーリンク】

 

フリーレントの探し方

フリーレント付き物件を探すのであれば、直接不動産屋に出向き紹介してもらうのが1番早いです。

直接不動産屋に言いづらい場合、また対面で営業マンと向き合うのが苦手な人は、チャット不動産のイエプラでもフリーレントの部屋を紹介してくれます。

業者専用のデータベース「レインズ」から探してくれ、ネットに載る前の未公開物件も紹介してくれます。名前や住所を明かさず気軽に聞けるので便利です。数は多くありませんが初期費用が安い物件も案内してくれます。

引用元:イエプラ

また、とにかく安さ重視ならビレッジハウスもおすすめです。フリーレントはないものの家賃2万円台からと格安物件を取り扱っています。

フリーレントや家賃が安い物件を紹介してくれるサイト

【非対面での物件探しにおすすめ】
チャット不動産ロゴ 不動産屋しか見れない業者専用のレインズからフリーレント物件を紹介してくれます。ネットに載る前の未公開物件を探すのに便利です。名前や住所を教えず匿名で気軽に相談できるのがウリ。治安の良い街も紹介してくれるので女性におすすめです。
公式サイトイエプラ
【格安物件を探したい人向け】
ビレッジハウス 家賃2万円台からと格安物件を取り扱っており敷金・礼金・手数料・更新料が全て0円です。無職、フリーターや学生、高齢者や外国人、生活保護を受けている人でも入居可能。紹介物件のほとんどは築30~40年以上経過した古い住宅です。ネックなのは東京の物件が少ないこと。またワケありの人も簡単に入居できてしまうので治安面から女性よりは男性におすすめ。
公式サイトビレッジハウス

※レインズとは、国土交通大臣から指定を受けた、不動産流通機構が運営している情報共有システムのこと。全国の不動産業者が加入している。宅建業の届出をしている不動産会社しか利用できず一般公開はされていない。

家賃がタダの物件探しまとめ

フリーレント物件のメリット、デメリットについて紹介しました。

家賃が一定期間無料になる「フリーレント物件」は、初期費用を抑えたい方や早めに部屋を決めたい方におすすめです。一方、家賃が近隣相場より高かったり、短期違約金がついていたりと結果的に損をしてしまうケースもあるため注意しましょう。

条件や近隣相場もよく確認したうえで、物件を検討してくださいね。

   

【豆知識】治安のよい街に住みたい人向け

女性の一人暮らしで治安が不安な人はチャット不動産屋に相談するのも一つの手です。

女性目線で治安が良く安心できる街を提案してくれ希望条件に合ったお部屋も探してきてくれます。

チャット不動産屋との実際のやりとり▼

イエプラやりとり

深夜0時までチャットができ、部屋を紹介してくれます。気に入れば部屋の見学やそのまま契約も可能です。

公式サイトチャットで治安がよいエリアの物件を紹介してもらう

   

時間も交通費もかけずに優良物件を探す裏技

時間も交通費もかけずに優良物件を探す裏技

一人暮らし

賃貸物件は、基本的に早いもの勝ちになります。

部屋の設備が充実している割に家賃が安かったり、人気エリアだったりと条件の良い物件は、あっという間に埋まります。

時間に余裕があれば不動産屋を巡るのがベストですが、時間に余裕がない人向けに来店せず物件を紹介してもらえるサービスもあります。

代表的なのは『チャット不動産のイエプラ』です。

ちょっとした空き時間にチャットで不動産屋に物件を紹介してもらえ、気に入った物件は1クリックで見学予約ができます。

みんなが入居したい好条件の物件はスピード勝負になるので、手間や交通費をかけずスピーディーに良い部屋を探したい人にはイエプラがおすすめです。

総合評価
イエプラロゴ
特徴 すべての不動産会社が登録している情報共有システム(レインズ)から物件を探してくれるので、情報更新の早さ正確さにおいて、ほかの不動産サイトよりも精度が高い
対応エリア 東京都・神奈川県・埼玉県・千葉県・大阪府・兵庫県・京都府
物件件数 500万件
URL 公式サイトhttps://ieagent.jp/

※レインズとは、国土交通大臣から指定を受けた、不動産流通機構が運営している情報共有システムのこと。全国の不動産業者が加入している。宅建業の届出をしている不動産会社しか利用できず一般公開はされていない。

一部のユーザーから「イエプラはしつこいしあやしい」という意見がありましたのでリアルな口コミをまとめました。

記事の監修:ゆうと



ゆうと

記事の監修:ゆうと
職業:webライター。上京してから住みやすい場所を求め、引っ越しを繰り返したことがこのサイトを作ったきっかけです。不動産屋では書けないことも中立な視点で街の良い点・悪い点をありのまま掲載していきます。当サイトのランキングはテレビ番組でも定期的に取り上げられています。

気になる区・街・駅名を自分で検索したい人はこちら

町名・駅名から探す

気になる区・街・駅名を自分で検索したい人はこちら↓

おすすめ関連記事




あなたにおすすめの関連記事

おとり物件で騙された話1
田舎者の自分がおとり物件で騙された話

東京からはじめて状況した時に、何度も、おとり物件に騙されました。おとり物件の騙し方を解説します。

未公開物件の探し方2
ネットに載らない未公開物件の探し方と注意点!

SUUMOやHOMESなど大手サイトに掲載されない未公開物件の探し方は?メリットとデメリット両方ってホント?

スーモにあるおとり物件の見分け方3
スーモに「おとり物件」が多い理由と釣り物件の見分け方3選!

スーモ(SUUMO)にはなぜ「おとり物件」が多く掲載されているの?見分け方はあるの?という疑問を解決していきます。

選ばない方がいい4
選ばないほうがいい賃貸物件の見分け方26選!ハズレ物件を引かないコツ

希望条件にあった部屋を探すのも大切ですが、避けるべきポイントを押さえて探すとより効率よく物件を絞り込めます。

10月の引っ越し5
10月に物件探しをするメリット・デメリットを解説!新築物件が出回る時期

1年の中でも「穴場」と言われるほど、10月は部屋探しのメリットが多い時期です。一方、10月ならではのデメリットも。

アドセンス広告記事下



【スポンサーリンク】


関連記事一覧

外国人の物件探し
外国人が賃貸審査を通すコツ6選!外国人を理由に入居拒否されない方法を解説

留学・転勤で海外の方が来日する場合、困ってしまいがちなのがお部屋探し。過去には部 ...

高齢者の物件探し
高齢者が賃貸を借りれない3つの理由と賢く借りる方法5選

少子高齢化が進む日本。子どもが家を出たことで自宅を売却し、高齢者がお部屋探しをす ...

今さら聞けない自分の年収にあった賃貸相場はこれだ!

目次1 年収に応じた家賃相場と物件選びのコツとは?2 家賃は年収の25%以下に抑 ...

同棲
二人暮らし(同棲)の部屋探しで抑えるべきポイント4選!

二人暮らしの物件を探す前に、抑えておきたいポイントがいくつもあります。同棲してか ...

住みたい部屋が見つかる!人気の賃貸サイトランキング

『どこの賃貸サイトで物件を探しましたか?』の口コミを募集したところ、実に数百件の ...