header
sumaho_haikei

引越し

6月の引越しは閑散期なので料金が安くてお得!値段交渉もしやすい!

6月の引っ越し

新生活を迎える人が多い4月前後は、引っ越し料金も高くなりがちです。中には時期をずらして、6月に引っ越しを検討する方もいるのではないでしょうか。

今回は6月の引越し費用相場や、引っ越すメリット・デメリットを解説します。費用を抑えるコツも紹介していきますので、参考にして賢く引っ越しを済ませましょう!

6月の引越し費用の相場

 単身2人家族4人家族
6月上旬の
全平均
3.5万円6.2万円7.4万円
6月上旬の
~15km未満
(同都道府県程度)
2.9万円5.4万円7.2万円
6月上旬の
~50km未満
同都道府県程度)
3.0万円6.4万円10.6万円
6月上旬の
~200km未満
同一地方程度)
4.0万円11.2万円16.3万円
6月上旬の
~500km未満
(近隣地方程度)
5.0万円12.1万円22万円
6月上旬の
500km以上
(遠距離地方程度)
6.2万円14.7万円21.4万円
6月中旬の
全平均
3.4万円6.7万円7.9万円
6月中旬の
~15km未満
(同都道府県程度)
2.7万円6.0万円7.4万円
6月中旬の
~50km未満
(同都道府県程度)
2.8万円7.0万円21.3万円
6月中旬の
~200km未満
(同一地方程度)
3.8万円9.3万円14.5万円
6月中旬の
~500km未満
(近隣地方程度)
4.7万円13.7万円19.9万円
6月中旬の
500km以上
(遠距離地方程度)
7.5万円20万円29.1万円
6月下旬の
全平均
3.5万円6.6万円8.4万円
6月下旬の
~15km未満
(同都道府県程度)
2.7万円5.4万円7.5万円
6月下旬の
~50km未満
(同都道府県程度)
3.0万円8.0万円9.5万円
6月下旬の
~200km未満
(同一地方程度)
4.6万円10万円10.6万円
6月下旬の
~500km未満
(近隣地方程度)
6.0万円13万円19.1万円
6月下旬の
500km以上
(遠距離地方程度)
6.6万円17.5万円34.1万円

費用の参照元:引越し侍(https://hikkoshizamurai.jp/price/month-june/)

6月の引っ越し費用相場は、単身者の場合で約3.5万円~約6.2万円です。繁忙期の3月は約4.6万円~約11万円となっているため、比較するとだいぶ料金が落ち着いてきたことがわかるでしょう。

2人以上の場合では、人数が多いほど割安になる傾向があります。6月上旬の費用相場を見ると、2人家族の場合は6.7万円、4人家族は7.9万円と1千円程度しか差がありません。6月はファミリー世帯の引っ越しにもおすすめの時期です。

なお、荷物量・人数によっては、中旬・下旬の金額が上旬より数千円程度高くなっています。より料金を抑えるなら、6月上旬にスケジュールを組むといいでしょう。

【スポンサーリンク】

 

6月に引っ越すことのメリット

6月に引っ越すメリット

1繁忙期より引っ越し料金が落ち着く

6月に入ると引っ越し業界は閑散期となり、引っ越し料金が下がる傾向にあります。1年の中で最も引っ越す人が多いのが、4月からの新生活を控えた2~3月頃。一方、6月は進学・転勤といったライフイベントも少なく、引っ越し需要が落ち着きます。引っ越し依頼が少なくなるため、業者側もキャンペーンを行っていたり、割引を適用してくれたりと安く引っ越せる可能性が高まるでしょう。

急いで引っ越す必要がなければ、時期をずらして6月に引っ越すのがおすすめです。

2業者の予約がとりやすい

引っ越し需要が落ち着く分、引っ越し業者の予約がとりやすいのもメリットです。繁忙期は予約が殺到し、特に人気の土日は数ヶ月前に埋まってしまうことも。直前に予約しようとすると業者が見つからず、「引っ越し難民」になってしまう可能性も否めません。

一方、6月は引っ越す人が少ない分、希望のスケジュールが通りやすいでしょう。

3役所の手続きがスムーズに行える

6月は、引っ越しに関する手続きも比較的スムーズに行えます。

引っ越し後に必要となるのが、転出届・転入届などの住所変更手続き。一般的に役所に出向いて行いますが、3~4月は引っ越す人が多く役所の窓口が大変混雑します。

一方、引っ越しのピークを過ぎた6月は、混雑に悩まされることなく手続きを進められるでしょう。利用客が少ない分、分からないことがあればスタッフに聞きやすいのも嬉しいポイントです。

   

6月に引っ越すことのデメリット

6月に引っ越すデメリット

1引っ越し当日が雨になりやすい

6月に引っ越すデメリットは、引っ越し当日が雨になりやすい点です。

6月は全国的に梅雨シーズンとなります。雨の中での運搬作業は、ダンボールが濡れて強度が落ちてしまったり、新居が汚れてしまったりとトラブルが発生しがち。大切な荷物が濡れて駄目になってしまわないよう、ダンボールの上からビニール袋をかけるなどしっかり雨対策をしておきましょう。

また、大雨の場合は引っ越しが延期・キャンセルになるケースも考えられます。どの程度の雨なら実施できるのか、キャンセル時にキャンセル料金は発生するのかなど、疑問点はあらかじめ業者に確認しておきましょう。

2祝日が少ない

6月は祝日が1日もなく、引っ越しのスケジュールを立てにくいのもデメリットです。

引っ越しは荷物の運搬はもちろん、荷造り・荷解きを含めると大変時間がかかるもの。休みが少ないと時間を確保できず、引っ越し日までに荷造りが間に合わないケースも考えられます。

余裕をもって引っ越し当日を迎えるためにも、早い内から計画を立てて荷造りをしておきましょう。

3食材が傷みやすい

引っ越し時は冷蔵庫が使えないため、一時的に食材を別の場所に移しておかなければいけません。梅雨シーズンとなる6月は、常温だと食材が傷みやすいのもデメリットです。

可能であれば、引っ越し前日までに冷蔵庫は空にしておくのがおすすめ。もし使い切れない食材があれば、クーラーボックスを利用して食材が駄目にならないように管理しましょう。

4カビが生えやすい

梅雨でジメジメする6月は、引っ越し時に湿気対策が必要になります。

湿気対策を行わないまま大きな家具を置いてしまうと、次第に家具の後ろからカビが生えてしまいます。せっかくの新居を汚さないためにも、荷物を運ぶ前に窓を開けておいたり、換気扇を回したりして部屋中をしっかり除湿しておきましょう。

引っ越し当日が雨の場合は、水滴をすぐに拭けるように雑巾を用意しておくのもおすすめ。また、クローゼットや押し入れは特に湿気がこもりやすいため、除湿剤を設置しておくと効果的です。

6月に安く引っ越すコツ

6月に安く引っ越すコツ

1土日を避ける

土日は会社や学校が休みの場合が多く、依頼が集中する分料金も高くなりがちです。引っ越し料金を抑えたい方は、平日に予約を押さえましょう。

平日の中でも、特におすすめなのが火曜日~木曜日。月曜日・金曜日は土日とあわせて連休にする人が多いため、週半ばを狙うと特に安く抑えられる可能性が高まります。

2相見積もりをとる

引っ越し業者に依頼する際は、必ず複数の業者に見積もりをとりましょう。

引っ越し料金は業者ごとに大きく異なります。安易に1社で決めてしまうと、「他の業者の方が安かった」と後悔してしまう可能性も否めません。最低でも3社ほどには見積もりをとり、料金を比較しながら選びましょう。電話で聞きづらい場合は、ネットの口コミや一括見積サイトを利用するのも手です。

【豆知識】安い引っ越し業者を探す方法

引越し業者によっては数万円も価格が違うことも珍しくありません。1番安い引っ越し業者をみつけるためにも複数の引っ越し業者に見積もり依頼を出すようにしましょう。

取り扱っている引っ越し業者がダントツで多い見積もりサイトは引っ越し侍です。全国332社と多く、安い業者が見つかります。また一人暮らしで近場に引っ越すなら赤帽がダントツで安くなります。

数多くから一番安い業者をみつけたい
引越し侍 取り扱っている引っ越し業者がダントツで多い見積もりサイト。全国332社と多く、安い業者が見つけやすい。安さ重視なら電話・メールでの相談、サクッと金額を比較したい人はネットで料金比較が便利。
公式サイト引越し侍
一人暮らしで近場に引っ越す人向け
LIFULL引っ越し 一人暮らしで近場に引っ越すなら赤帽がおすすめ。引っ越し先が20km以内、作業が2時間以内に終わる量あれば料金の目安は1万3千円と破格の安さです。赤帽の見積もりは「LIFULL引越し」でのみ可能です。ただ距離や荷物が多いほど料金があがっていくので家族や20km以上遠くに引っ越す人には不向きです。
公式サイトLIFULL引越し


3値段交渉をする

引っ越し費用を抑えるために、問い合わせの際は値段交渉も欠かせません。

特に6月は引っ越し依頼が落ち着くため、業者側も売上を立てようと必死になります。ライバルがいると分かれば、自社で決めてもらうために安い見積もりを出してくれるでしょう。引っ越し業者へ問い合わせる際は、「他社さんは〇円でやってくれると言っています」などと告げて交渉するとスムーズです。

46月上旬に引っ越す

スケジュールにこだわりのない方は、6月上旬に引っ越しを済ませるのもおすすめです。

月末は物件の契約更新のタイミングにあわせて引っ越す方が多く、引っ越し依頼も集中しやすいです。実際に6月上旬と中旬・下旬の引っ越し費用相場を比較すると、人数・荷物量によっては中旬・下旬が数千円程度高くなっています。

安く引っ越すなら、6月上旬に予定を調整しておきましょう。

5縁起がよいとされる日を避ける

引っ越しは新生活の幕開けとなるため、ゲン担ぎで「大安」の日を選ぶ人も多いです。業者によっては、人気が集中する分料金を高くしている場合もあるでしょう。

縁起にこだわらなければ、あえて「赤口」や「仏滅」などを狙うと料金を安く抑えられます。

6早めに予約をする

おおよその引っ越し日程が決まったら、早い段階で業者に予約をいれましょう。

多くの人が費用を抑えて引っ越したいと考えるため、安い業者からどんどん予約は埋まってしまいます。また、業者側のスケジュールが空いている内は、値段交渉に応じてもらえる可能性も高いでしょう。

一方、直前の予約になると運搬用のトラックや人手を確保するために追加料金が発生してしまう場合もあります。遅くても、引っ越し1ヶ月前頃には予約をしておきましょう。

7不用品を処分しておく

引っ越し費用を抑えるためには、荷物を極力減らしておくのも重要なポイントです。

引っ越し料金はシーズンや距離のほか、荷物の量によっても変動します。荷物が少なければトラックやスタッフも最小限で済むため、料金もぐっと抑えられます。

無駄に荷物を運んで損をしないよう、引っ越し日までに不用品は必ず処分しておきましょう。家具や家電を新たに購入する場合は、引っ越し先で購入するのもおすすめです。

【スポンサーリンク】

 

6月の引っ越しまとめ

6月に引っ越すメリット・デメリット、費用を抑えるコツを紹介しました。

6月は繁忙期よりも比較的料金を抑えて引っ越せるのがメリット。値段交渉や早めの予約により、さらに料金を安くできる可能性も高まります。

一方、6月は季節的に引っ越し当日が雨になりやすいのが注意点。雨対策や湿気対策をしっかり行い、快適に新居での暮らしをスタートさせましょう!

不動産屋に行く前に事前に知っておくべきこと

   

【豆知識】治安のよい街に住みたい人向け

不動産屋に行く前に事前に知っておくべきこと

エイブルやアパマンなど大手の不動産屋で物件を案内してもらうとき

「目の前にコンビニがあって便利ですよ」

「駅から徒歩5分以内で通勤がラクですよ」

など魅力的な面ばかり推してきますが、仮に周辺で軽犯罪が多発していても、ネガティブな情報は、まず教えてくれません。

詐欺や犯罪に巻き込まれないようにするためには、住みたい街の治安をあらかじめチェックすることが非常に大切です。

街の犯罪状況を知る方法は二つあります。

1チャット不動産に街の治安状況を聞く

一つ目はチャット不動産に街の治安を聞く方法です。

チャット不動産屋との実際のやりとり▼

イエプラやりとり

深夜0時までチャットができ、相談すれば治安の悪いエリアを除外した物件を紹介してくれます。

治安面を考慮した物件を紹介してくれるので引っ越しを考えている人は利用してみてもよいかもしれません。こちらはスマホ・PCともに対応しています。

公式サイトチャットで治安がよいエリアの物件を紹介してもらう

2警視庁の犯罪データをチェックする

二つは警視庁が発表している犯罪発生状況のエクセルデータをチェックすること。

警視庁:区市町村の町丁別、罪種別及び手口別認知件数

エリアごとの犯罪件数を細かく掲載しています。ただしエクセル形式なのでスマホからではなくパソコンからみる必要があります。

 

時間も交通費もかけずに優良物件を探す裏技

時間も交通費もかけずに優良物件を探す裏技

一人暮らし

賃貸物件は、基本的に早いもの勝ちになります。

部屋の設備が充実している割に家賃が安かったり、人気エリアだったりと条件の良い物件は、あっという間に埋まります。

時間に余裕があれば不動産屋を巡るのがベストですが、時間に余裕がない人向けに来店せず物件を紹介してもらえるサービスもあります。

代表的なのは『チャット不動産のイエプラ』です。

ちょっとした空き時間にチャットで不動産屋に物件を紹介してもらえ、気に入った物件は1クリックで見学予約ができます。

みんなが入居したい好条件の物件はスピード勝負になるので、手間や交通費をかけずスピーディーに良い部屋を探したい人にはイエプラがおすすめです。

総合評価
イエプラロゴ
特徴 すべての不動産会社が登録している情報共有システム(レインズ)から物件を探してくれるので、情報更新の早さ正確さにおいて、ほかの不動産サイトよりも精度が高い
対応エリア 東京都・神奈川県・埼玉県・千葉県・大阪府・兵庫県・京都府
物件件数 500万件
URL 公式サイトhttps://ieagent.jp/

※レインズとは、国土交通大臣から指定を受けた、不動産流通機構が運営している情報共有システムのこと。全国の不動産業者が加入している。宅建業の届出をしている不動産会社しか利用できず一般公開はされていない。

一部のユーザーから「イエプラはしつこいしあやしい」という意見がありましたのでリアルな口コミをまとめました。

記事の監修:ゆうと



ゆうと

記事の監修:ゆうと
職業:webライター。上京してから住みやすい場所を求め、引っ越しを繰り返したことがこのサイトを作ったきっかけです。不動産屋では書けないことも中立な視点で街の良い点・悪い点をありのまま掲載していきます。当サイトのランキングはテレビ番組でも定期的に取り上げられています。

気になる区・街・駅名を自分で検索したい人はこちら

町名・駅名から探す

気になる区・街・駅名を自分で検索したい人はこちら↓

おすすめ関連記事




あなたにおすすめの関連記事

おとり物件で騙された話1
田舎者の自分がおとり物件で騙された話

東京からはじめて状況した時に、何度も、おとり物件に騙されました。おとり物件の騙し方を解説します。

未公開物件の探し方2
ネットに載らない未公開物件の探し方と注意点!

SUUMOやHOMESなど大手サイトに掲載されない未公開物件の探し方は?メリットとデメリット両方ってホント?

スーモにあるおとり物件の見分け方3
スーモに「おとり物件」が多い理由と釣り物件の見分け方3選!

スーモ(SUUMO)にはなぜ「おとり物件」が多く掲載されているの?見分け方はあるの?という疑問を解決していきます。

選ばない方がいい4
選ばないほうがいい賃貸物件の見分け方26選!ハズレ物件を引かないコツ

希望条件にあった部屋を探すのも大切ですが、避けるべきポイントを押さえて探すとより効率よく物件を絞り込めます。

10月の引っ越し5
10月に物件探しをするメリット・デメリットを解説!新築物件が出回る時期

1年の中でも「穴場」と言われるほど、10月は部屋探しのメリットが多い時期です。一方、10月ならではのデメリットも。

アドセンス広告記事下



【スポンサーリンク】


関連記事一覧

8月の引っ越し
8月は引越し費用が安いの?とことん費用を抑えるなら8月上旬が狙い目

学校や会社が夏休みに入る8月は、休みを利用して引っ越そうと考えている方も多いので ...

10月引っ越し
10月の引越しは予約が取りづらいかも?秋シーズンの引っ越しはお得がいっぱい

夏の暑さが一段落した10月は、引っ越しを検討する人も多いのではないでしょうか。1 ...

11月の引越し
11月は閑散期で引越し料金が安くなる時期!特に安くするなら上旬~中旬が狙い目

年末に向けて忙しくなる前に、引っ越しを済ませようと考える方も多いのではないでしょ ...

4月の引っ越し
4月に引越し料金を安くする3つの裏技【10日以降が狙い目】

目次1 4月は10日以降に費用が安くなる2 大手の引っ越し業者だから安いというワ ...

2月の引っ越し
2月の引越し相場は高い!安くするなら上旬が狙い目!

就職や進学で引っ越し需要の高まる3月は、引っ越し料金も高くなりがちです。少しでも ...