header
sumaho_haikei

部屋探しのコツまとめ

コロナ禍で使いたいおすすめのオンライン不動産3選

2021/01/26

おすすめのオンライン不動産

コロナ禍で部屋探しをするには?

最近新型コロナウイルスが流行していることにより、不動産会社に電車を使って訪れたり、対面で接客を受けたりすることに不安を覚えている方も多いのではないでしょうか。

そんなときにおすすめなのが、チャットやオンラインによるお部屋探しです。

オンライン不動産屋なら、新型コロナウイルス対策ができるだけでなく、夜遅くまでチャット対応してくれるので、帰宅時間が遅い方や隙間時間でお部屋探しをしたい方にも向いています。

今回は代表的なオンライン不動産をいくつか紹介します。

代表的なオンライン不動産屋はどこ?

オンライン不動産屋は『ietty』『AWANAI賃貸』『イエプラ』あたりが有名です。それぞれのメリット・デメリットをご紹介します。

ietty(イエッティ)

イエッティ

イエッティのココがおすすめ

1. 異常なレスポンスの早さ

スマホで希望する部屋の条件を入力するとAIが異常なレスポンスの早さで物件を紹介してくれます。提案はAIがしてきますが、もっと情報をしりたいと思った場合にはオペレーターに繋いでくれます。気になった部屋の内見も店舗に行くことなく予約できるので、不動産屋に足を運ぶのが億劫な人におススメです。

2. 仲介手数料が半額

基本はAIが窓口なのでコストがかからない分、仲介手数料も半額で物件を紹介してくれます。

イエッティを使ってみた

イエッティとの会話

人間が対応してくれるわけではないので機械的ではあるものの、その分返答がめちゃくちゃ早いです。黒で隠してる部分は僕の本名です。恥ずかしいので隠してあります。

イエッティの紹介案件

ただ紹介された物件が、どれもピンこない場合はAIからこんな提案をされます↓。

イエッティとの会話

オンライン不動産ではありますが、もっとたくさん見たいと思った場合はビデオで会話することをおススメされます。

イエッティの良い点・悪い点まとめ

イエッティの良いところ

  1. AIなので異常にレスポンスが早い
  2. 仲介手数料が半額
  3. 物件によってビデオ通話での内覧が可能
  4. 22時までチャットで相談できる

イエッティのダメなところ

  1. 細かく質問したい場合は、ビデオ通話で話す必要がある
  2. 部屋を探せるエリアが東京都・神奈川県・埼玉県・千葉県と限定的
  3. AIなので機械的な対応しかできない
  4. 6万以下の物件を扱っていない


  

AWANAI(アワナイ)賃貸

awanai賃貸

AWANAIのココがおすすめ

1. 契約書や鍵の受け渡しも全て郵送

『AWANAI』は気軽に賃貸のプロとLINEを通じて部屋探しができるサービスです。ここのスゴいところは最初から最後まで店舗に足を運ぶことなく部屋が借りれるところ。契約書のやりとり部屋の鍵の受け渡しも全て郵送で行います。スピーディーに部屋を紹介から契約の手続きをしてくるので、急ぎで部屋を探してる人におすすめです。

2. 仲介手数料が物件によっては無料

原則は内見の案内をしていません。現地に行って部屋の内見をしたい人には不向きです。人件費や交通費などをコストカットしている分、仲介手数料が半額になったり、物件によっては無料になったりします。少しでも費用を抑えたい方に向いています。

AWANAI(アワナイ)賃貸を使ってみた

↑LINEで登録すると最初に原則は【内見不要の方】限定とでます。内見の手間がかからない分、仲介手数料が半額なのかと納得。内見がないと不安という人には担当者が代わり現地に行ってオンライン(Zoom)で部屋を見せてくれるサービスもありますが、有料オプションなので微妙かもしれません。

awanai賃貸

↑物件情報が欲しいと入れると、家賃相場や、どのエリアに住みたいかなど質問項目が自動ででてきます。

↑質問に全部答えていくと、条件にあった物件を紹介してくれます。ただし紹介するまでに時間がかかる場合あり。僕の場合は1時間後に物件の紹介案内がきました。

↑気になった物件を回答すると、初期費用の概算を送ってくれます。

↑初期費用の概算。概算は5分もかからずに届きました。本当に一切、人と会話することなくLINEだけでサクサク進めることができます。

AWANAI(アワナイ)賃貸の良い点・悪い点まとめ

AWANAI賃貸の良いところ

  1. 対面・内見が一切ない。契約書から鍵の受け渡しまで全て郵送で完結できる
  2. 最短5~7日で契約できる
  3. 仲介手数料が半額または無料
  4. 担当者が現地に行ってお部屋をZoomで案内してくれる(ただし有料)

AWANAI賃貸のダメなところ

  1. 内見は原則、案内していない
  2. レスポンスが遅い。希望条件を送ってから30分~1時間はかかる
  3. 24時間365日対応とあるが18時を過ぎると返信がなくなる。
  4. 引っ越し時期が2ヶ月以上先だと担当者に相談に繋がらず物件の案内だけで終わる


  

イエプラ

イエプラ

イエプラのココがおすすめ

1. 自動のAIではなく担当者と0時までやりとり可能

イエッティやAWANAIと違い最初から担当者とやりとりができます。AIではないので「◯◯駅まで乗り換えせず30分以内で通えるお部屋がいい」「家賃◯万円以内で交通利便性がいい駅がいい」など、地名や駅名が分からなくても、条件を伝えて部屋を探してもらうことができます。また深夜0時まで対応しているので自分のタイミングで聞くことができます。

2. おとり物件を避けられる

イエプラは「不動産屋専用の情報サイト」から現在確実に空いている部屋から紹介してくれるので、おとり物件に振り回されることがありません。

おとり物件とは、実際には存在しない、または既に埋まってしまっている物件をあえて集客のために掲載して、問い合わせがあった人を店舗に呼ぶ手法です。問い合わせがあった時点では見学できると言い、実際に来店すると「実はもう埋まっちゃったんで他のを紹介します」と言ってきます。つまり、嘘の物件です。

SUUMOやHOMESなどの他の物件情報サイトに掲載されているお部屋も、物件の名前やURLを送ればおとり物件かどうか確認してくれます。

イエプラを使ってみた

step00

登録方法はメールアドレスとパスワードを入れます。メールアドレスいれるのが面倒という人にはツイッターやフェイスブックを連携してログインする方法もあります。

step01

希望金額は今回は期待を込めて6万円代で入力。

step02

希望の間取りは、ワンルーム、1K、1DKを選択。6万円代で1DKがあるか分からないけど一応。

↑質問項目を答えていくと希望にあった物件を紹介してくれます。

↑担当者に希望の物件について相談することもできます。

イエプラの良い点・悪い点まとめ

イエプラの良いところ

  1. おとり物件がない
  2. 他で扱っていない未公開物件が多い
  3. チャットで気軽に話せるので、好き勝手に物件の条件を言える
  4. 異常にレスポンスが早い
  5. 深夜0時までやっているので自分のタイミングでチャットで聞ける

イエプラのダメなところ

  1. 「東京都」「千葉」「埼玉」「神奈川」「大阪府」「兵庫県」「京都府」「奈良県」しか探せる選択肢がない
  2. 担当するコンシェルジュによっては噛みあわないときがある
  3. スマホから聞くと打つのが手間

オンライン不動産のメリット

1. 交通費がかからない

ちょっとした空き時間にスマホやタブレットさえあればお部屋紹介してもらえます。また、不動産屋に出向かなくてよいので、遠くに住んでいる人も交通費をかけず無料でお部屋を紹介してもらえます。

例えば、大学に入学して初めて上京する場合、親御さんと一緒に不動産屋を訪れて、物件を紹介してもらうのが一般的でしたが、オンライン不動産なら、チャットで完結できるので、何度も不動産屋に出向く必要がありません。

2. 顔を合わせないので遠慮なく言える

不動産会社を訪れて対面で接客されると、「気に入らないけれどわがまま言いにくい」という方もいますが、イエプラなら顔を出すことがないので、気に入る物件が見つかるまでじっくり探すことも可能です。

オンライン不動産のデメリット

1. 周辺のリアルな環境は分からない

お部屋を探すとき、お部屋の広さや駅徒歩分数だけでなく、周辺環境を重視している方もいるでしょう。

オンライン不動産では、「駅周辺のお買い物環境を知りたい」「物件周辺の治安はどう?」などの相談を気軽にチャットですることができます。

しかし、騒音や臭いなどという実際に行かなければ分からない環境については、個人の感じ方に差があるため、イメージするしかありません。

専門スタッフが丁寧に教えてくれるので、細かく聞いてみるといいでしょう。

また、インターネットで「◯◯駅 治安」や「◯◯駅 住みやすさ」などと検索すると、情報が出てくるので、なんとなく雰囲気を掴むことができるはずです。

物件の周辺環境は、Google Mapでシミュレーションしてみるのもおすすめです。

2. ガラケーは対応できない

オンライン不動産は、チャットやLINEでやり取りをするため、残念ながらガラケーの場合は対応できません。対応機器は、スマートフォンやタブレット端末、パソコンです。いずれかの機器を用意して、お部屋探しをしてみてください。

3. 遠慮がちな人には向いてない

こちらの身元も顔もわからないのでガンガン言えるというのがオンライン不動産のメリットです。

「家賃が安めで間取りが広いお部屋がいい」

「●●駅で防音性の高いお部屋を探して」

などニュアンスを伝えるだけでもお部屋を探してくれます。

ただ具体的な要望を言わないと、ピントのズレた物件を紹介されるのでチャットですら遠慮がちの人には向いてないサービスです。逆にガンガン好き勝手に要望を言える人にはベストな物件を見つけやすいと思います。

オンライン不動産まとめ

イエッティ
良いところ AIなので異常にレスポンスが早い
仲介手数料が半額
物件によってビデオ通話での内覧が可能
22時までチャットで相談できる
ダメなところ 細かく質問したい場合は、ビデオ通話で話す必要がある
部屋を探せるエリアが東京都・神奈川県・埼玉県・千葉県と限定的
AIなので機械的な対応しかできない
6万以下の物件を扱っていない
公式サイトイエッティの公式はこちら
AWANAI
良いところ 対面・内見が一切ない
契約書から鍵の受け渡しまで全て郵送で完結できる
最短5~7日で契約できる
仲介手数料が半額または無料
担当者が現地に行ってお部屋をZoomで案内してくれる
(ただし有料)
ダメなところ 内見は原則、案内していない レスポンスが遅い
希望条件を送ってから30分~1時間はかかる
24時間365日対応とあるが18時を過ぎると返信がなくなる
引っ越し時期が2ヶ月以上先だと担当者に相談に繋がらず物件の案内だけで終わる
公式サイトAWANAI(アワナイ)賃貸の公式はこちらから
イエプラ
良いところ おとり物件がない
他で扱っていない未公開物件が多い
チャットで気軽に話せるので、好き勝手に物件の条件を言える
異常にレスポンスが早い
深夜0時までやっているので自分のタイミングでチャットで聞ける
ダメなところ 「東京都」「千葉」「埼玉」「神奈川」「大阪府」「兵庫県」「京都府」「奈良県」しか探せる選択肢がない
担当するコンシェルジュによっては噛みあわないときがある
スマホから聞くと打つのが手間
公式サイトイエプラの公式はこちらから

記事の監修:ゆうと



ゆうと

記事の監修:ゆうと
職業:webライター。上京してから住みやすい場所を求め、引っ越しを繰り返したことがこのサイトを作ったきっかけです。不動産屋では書けないことも中立な視点で街の良い点・悪い点をありのまま掲載していきます。

おすすめ関連記事




あなたにおすすめの関連記事

審査落ち 1
入居審査に落ちる8つの特徴!入居審査に受かるコツも解説

賃貸物件を借りる際、入居審査に落ちやすい人の特徴と入居審査に受かるコツを解説します。

2
田舎者の自分が部屋探しで騙された話

東京からはじめて状況した時に、何度も、おとり物件に騙されました。おとり物件の騙し方を解説します。

部屋探し3
家賃はどの程度が理想?失敗しない物件探しのコツ

お部屋探しはどう選べばよい? お部屋探し&引っ越しの流れをカンタンに解説します。

4
2月に引越し料金を安くする3つの裏技

引っ越しは2月中旬までに決めるべし!引っ越し料金を安くしたい人向けにポイントを解説

おすすめのオンライン不動産5
コロナ禍で使いたいおすすめのオンライン不動産3選

コロナ禍で部屋探しに便利な代表的なオンライン不動産屋を紹介します

ダメ6
【部屋探しのコツ】ダメな不動産屋の見分け方

不動産屋のセールストークに騙されないで!ダメな不動産の見分け方と対処法

見抜くコツ7
【治安が悪い地域の特徴】住んだら後悔する賃貸物件の見分け方

治安・周辺環境が悪い物件を見極めるコツ

関連コンテンツ改

 
 

あなたにおススメの記事はこちら




気になる区・街・駅名を自分で検索したい人はこちら

町名・駅名から探す

気になる区・街・駅名を自分で検索したい人はこちら↓

 

アドセンス広告記事下



【スポンサーリンク】


部屋探しのコツまとめ

東京の街住みやすさまとめ

東京23区毎の住みやすい街TOP5

23区毎の住みやすい街TOP5
世田谷区板橋区台東区
文京区練馬区墨田区
杉並区足立区江東区
中野区葛飾区品川区
豊島区江戸川区目黒区
北区千代田区大田区
荒川区港区渋谷区
新宿区中央区-

路線別の住みやすい街TOP5

路線別の住みやすい街TOP5
山手線京浜東北線中央線
埼京線東急東横線南北線

東京の街住みづらい街まとめ

東京23区毎の治安が良い街・悪い街TOP5

23区毎の治安が悪い街・良い街TOP5
新宿区杉並区豊島区
世田谷区足立区葛飾区
板橋区中野区練馬区
北区大田区荒川区
品川区文京区渋谷区
江東区台東区目黒区

東京の街を自分で探す

はじめての物件探し

職業別の物件探し

項目別に部屋を探そう

不動産屋で探す場合



ネットで物件を探す場合

部屋が決まったら