治安のよい地区、家賃の安い地区など東京で女性の一人暮らしやファミリーで住みやすい地区や街を紹介

header
sumaho_haikei

賃貸物件を退去する際、費用を安く抑える方法

退去
家を借りる際に契約書を交わしますよね。そこにこんな一文を見たことはありませんか?

「退去する際は賃借人は原状回復をして明け渡しをしなければならない。」

簡単にいうと「部屋を退去する際は、入居する前の状態に戻して出て行ってね」ということ。でも住んでいた当初より状態が悪くなっていたとしても基本は、そのまま大家に返してOKなのです。

長年住んでいれば多少なりとも汚れるもの。冷蔵庫を置いてたところが凹んでいようが、年数が経ったせいで壁が多少黄ばんでいようが、貼り換えの費用を払う必要は一切ありません!

こんな場合は費用を負担する必要はありません一覧

  • ベッドや冷蔵庫などを置いたことによる床・カーペットの凹み
  • テレビ・冷蔵庫などを置いたことによる裏側の電気ヤケによる黒ずみ
  • 壁に貼ったポスター等による壁の変色、または自然経過による壁や畳の色落ち
  • 見た目でわからない程度の画鋲・ピンの穴
  • 次の住人が住むために行う床のワックスがけ、台所・トイレの清掃など

こんな場合は費用を負担する必要があります一覧

  • 壁に穴を空けてしまった
  • タバコのヤニで壁が黄ばんでいる
  • 飲みこぼしやタバコで焦がしてしまった等の床のシミ

過去には、こんな裁判事例も

【スポンサーリンク】

事案の概要(原告:部屋を借りたX 被告:大家Y)

部屋を探していたXは、大家Yから賃料12万円で部屋を借り、その際大家Yに敷金24万円を支払いました。それから6年後に部屋を退去しましたが、大家Yが敷金を返さないため返還を求めて裁判を起こしました。

(※敷金とは、何らかの理由で家賃を払い続けることができなくなったときに、敷金で補ったりする入居時の保険のようなお金です。退去する際、基本は返ってくるお金ですが部屋の状態によっては敷金から修理負担分する場合もあります。)

大家Yは畳の裏替え、襖の張替え、じゅうたんの取替え、及び壁・天井等の塗装工事を行い、その費用として24万9780円かかったので返さないと主張。

また部屋を借りた際の契約書には「賃借人Xは大家Yに対し、契約終了と同時に本件建物を現(原)状に回復して(但し賃貸人の計算に基づく賠償金をもって回復に替えることができる)、明け渡さなければならない」という特約がありました。つまり大家の計算で回復費用が請求できるという契約内容です。

これに対して裁判所は、以下の判決を下しました。

(1)この場合の「原状回復」という文言は、借りた側の故意、過失による建物の破損や通常でない使用方法による劣化等についてのみ、回復を義務付けたとするのが妥当である。

(2)Xは、普通に生活し、特に破損等をすることもなく部屋を明け渡した。その後、しばらくの間は大家から修繕をすると言われなかった。

(3)Xは本件契約を合意更新するごとに新賃料 1 か月分を更新料として支払ったが、大家は本件建物の内部を見て汚損箇所等の確認をしたり、Xとの間でその費用負担について話し合うことはなかった。

(4)以上から、Xは本件建物を通常の使い方によって使用し、明け渡したと言える。汚損、損耗は本件特約にいう原状回復義務の対象にはならないとし、賃借人Xの請求を認める。大家は敷金を全額返却するものとする。

〔敷金 24 万円 返還 24 万円(全額)〕

この判決を受け、入居時に払った敷金は全額、部屋を借りたXさんに戻ってきました。契約書に現状復帰の義務がうんたらと書かれていたとしても、ふつうに生活して劣化した場合、原則敷金は戻ってくるのが妥当です。

ちなみに国土交通省のサイトにも原状回復のガイドラインが載っています。ご参考までに。

「原状回復をめぐるトラブルとガイドライン」について(国土交通省)

もし退去時に、故意に部屋を汚したわけでもないのに修復費用を請求されたり、敷金が戻ってこない場合は「原状回復のガイドラインを知らないんですか?」とぜひ言ってみてくださいね。

スポンサーリンク under


【スポンサーリンク】

田舎者の自分が部屋探しで騙された話

田舎者の自分が部屋探しで騙された話

田舎から東京に上京して初めて住んだのが足立区の北千住でした。でも正直住み心地はよくなく、3年ほど住んだときに引っ越しを決意。

saisho ↑ちなみに最初に住んだとこの間取りです。この広さで家賃6万円なのが足立区クオリティ>>続きを読む

スポンサーリンクright (スマホのみ表示)



【スポンサーリンク】

おとり物件に騙されない賃貸物件の上手な見つけ方



今日最も読まれている記事

room0011
おとり物件に騙されない賃貸物件の上手な見つけ方【一人暮らし・引越しを考えている方必見】

おとり物件とは、実際には存在しない、または既に埋まってしまっている物件をあえて集客のために掲載して、問い合わせがあった人を店舗に呼ぶ手法です。問い合わせがあった時点では見学できると言い、実際に来店すると…


関連コンテンツ改

あなたにおススメの記事はこちら

賃貸サイトランキング

新しい住まいを探している方必見!人気の賃貸サイトBEST4

chintai_rank

マンションやアパートなど賃貸物件を探す際、どこから探せばいいか迷ったことはありませんか?自分が住みたい!と思う部屋に巡り合うためにも、評判のよい賃貸サイトで探すことをおススメします。

以前、このサイトで『どこの賃貸サイトで物件を探しましたか?』というアンケートをとりその結果をランキングにしましたので、賃貸物件を探している方は参考にしてみてください。

人気の記事

1
住みたい部屋が見つかる!人気の賃貸サイトBEST4

『どこの賃貸サイトで物件を探しましたか?』の口コミを募集したところ、実に数百件の ...

2
引っ越しするなら、どこの業者が安い?

引っ越しする時、絶対やっておきたいのが、それぞれの会社の見積もりを取ること! 何 ...

3
家を買うならどこの住宅ローンが人気?みんなの口コミ&評判ランキング

今は賃貸暮らしだけど、将来はマイホームが欲しい!と思っている私ですが、どこの住宅 ...

4
【2017年版】みんなが選んだ東京住みたい街ランキングBEST10!

東京のどこの街に住みたいか、住みたくないかのアンケートを、当サイトで募集した際、 ...

5
【2016】みんなが選んだ東京住みたくない街ランキングBEST10!

雑誌やネットの記事などで度々、住みたい街ランキングを目にしますが、逆に住みたくな ...

2016/10/21